早寝早起きの効果は3億円!?

「私は夜型だから早寝早起きなんて無理」そう言われる方もいらっしゃるかもしれません。ですけれど、そうやって早寝早起きの効果を無視するなんて凄く人生を損しているかもしれませんよ。早寝早起きの驚きの効果とは!?


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

私は欲張りです。

仕事も長時間したい。
家族との時間も大切にしたい。
睡眠時間もたっぷりとりたい。
自分だけの時間も欲しい。

(笑)

でも一日は24時間。
どうしたら良いかなぁ~と悩んでいました。

睡眠時間を減らしてみたけれど、やっぱり睡眠は好き(笑)
仕事だけしてればいいじゃんと思っても、やっぱり家族の風当たりが(笑)
夜、家族が寝静まった頃に仕事をすると、なんか睡眠の質が悪い感じがするし、
家庭に仕事を持って帰ると、家族も仕事も集中出来ない(笑)

などなど、いろいろ試してみて、
結局たどり着いたのが、

夜の10時前には寝て、5時半には起きる
という早寝早起きのスタイルです^^

早寝早起きしたら、仕事も健康も絶好調

このスタイルを実行してから、
家族関係も仕事もバランスが取れてきた気がします。

そして精神的バランスもかなり良くなると思います。

哀川翔さんは早起きは3億の徳なんて本を
出されていますが、本当早寝早起きというのは
人生を変える一つのキッカケになると思います。
(ちなみに哀川さんは4時には起きるそうです^^)

まず、5時半に起きて1日を始めるので、
独走でスタートをきっている感じがして最初から気持ちが良いです(笑)

次に6時~8時間の間には、誰にも邪魔されずに自分だけの思索をしても良いし、
皆が出勤する前には大切な仕事も進んでいるのでスガスガしい(笑)

そうやって、朝6時半~夕方6時ぐらいまで仕事ができるので、
長時間労働も達成可能となり仕事に対する満足感を得られます。

そしてたっぷり仕事時間が取れているので、家に仕事を持っていく必要もなく、
午後7時前には帰宅して、7時~9時ぐらいまで家族の時間に集中できます^^

そして10時前には寝るので睡眠時間も7時間以上ぐっすり取れ、
しかも成長ホルモンが分泌される午後10時~午前2時の間に寝ているので
睡眠の質も高い!

夜型人間でも大丈夫

もちろん、私は元々夜型人間だったので、
朝型にするには結構大変でした。

しかし、何時に寝てもひとまず朝5時半には起きるというスタイルを
続けていくと、勝手に体は朝型になっていきます。

そして、これを続けていくと、
いろいろな事が好転化していくのを感じました^^

本当、早起きは3億の徳だと思います^^

あなたの人生に幸せが降り注ぐ事を祈っています。

さあ今日も張り切って行きましょう♪

早寝早起きや心の問題など人生を向上させたい方はこちらからメルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ