愛を与える立場になって考えると解決していくこと

心に抱えた問題、様々あると思います。今回は家族のことで悩んでいた方からのお手紙です。そこには愛を与える姿がありました。このメールをいただいた時、本当に嬉しくなったものです。利他の心、大切にしていきたいですね


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

本日の記事は私が担当させていただきます。

先日会員さんからとっても嬉しいメールが届きましたので今回シェアさせていただきます。

この方はご家族との関係が上手くいっておらず、特に父親が許せないとのことでした。

ですが今回、気づきを得て、それを大きく変えたんですね。

P.Nふーさんからのお便りです

———-

考え事をしていました。

宇宙の心は愛である、と言うフレーズ。

宇宙?宇宙って、自分も宇宙の一部だよな・・・

と言う事は、自分の心も愛である!になるよな!

そんな解釈をして、許せなかった、父親に愛を与えてみました。素直に心から。

そうしたら、父親と少し、心の距離がちじまりました。

ちょっと、嬉しいです。

あと、自分は自分を責めつずけていた事に、ようやく、気が付きました。

昔の職場の上司から、お前は使えない、と言われてからずっと、

役に立たないと!と思い、自分をずっと責めつずけてきたと・・・

これから、辛かった心を癒していきたいと思います。

先生、やっとここまで来ました。

ありがとうございます。先生のおかげです!

少しずつですが、父を許せている自分がいます。

父も自分と一緒で、不器用だった、と言う事気が付きました。

辛かったのだと思います。

これからは父にも、優しくしたいと思います。

そして、自分にも、責める、のではなく、優しくしたいと思います。

先生、ありがとうございます。これからも、よろしくお願いします!

愛を受け取る側から、与える側になりたいと思います。

———

ふーさん、本当にありがとうございました。

ふーさんは過去行ったセミナーにも参加してくださいました。

文面を見ているとあの頃よりももっと元気になってくださってそうですね。

〇心に巻き付いた鎖をほどく

家族の問題、これは本人ではないとこの問題の重さ、辛さは分かり辛いものです。

解決のカギというのも人によってバラバラですが

個人的にはやはりリミッティング・ビリーフの解消が大事だと感じています。

昔の記憶は強烈に根付いていることが多いからです。

急に直視するのはきついと思います。

ですがゆっくりとでも自分の問題の根底にあるものと向き合えると、解決の糸口が見えてくるのではないかと思います。

それでは今回はここまでです。

本日もあなたにとって素敵な一日になりますように

愛を与えるという話はいかがでしたか。自分の心をもっとレベルアップさせるためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ