人の一生は水泳みたいなもの

自己啓発本をたくさん読んで成功法則を沢山学んだらそれで成功するなんてことがあるでしょうか?そんなことはありませんよね。人の一生は水泳みたいなもの、大切なのはまず顔を水につけること。泥臭いけど本当に役に立つ人生がうまくいく方法とは?


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

ただ知っているだけでは人生ではあまり役にたたない

私は人の一生というのは水泳のようなものだなと思う時があります。

橘がCD講座でも、

知ってる事とわかっている事、出来る事とマスターしている事
では全然違います。

と言っていますが、

世の中には、

「あれはあの本に書いてあったね。」

「これは既に知っている事だね。」

と知識の収集に凝られていらっしゃる方がいらっしゃいます。

もちろんそれは知らないよりは知っている方が良いのですが、

これを水泳で考えてみて欲しいのです。

あなたがもし、全く泳げない状態で、泳げるようになりたい時に、
一番大切な事は何でしょうか?

本を読むことでしょうか、理論を詰め込むことでしょうか。

大学でスポーツ科学を専攻して、そのまま研究していれば
沢山の知識を得ることができるでしょう。

ですが、それで泳げるようになるでしょうか?

なりませんよね。

バタバタもがきながら人の一生は上達していく

大切なのは、まず最初に水に顔をつけることであり、
水の中に潜ってみることです。

そして壁に手をつかみ、足をバタバタと実際に動かしてみることです。

そしてその時、あなたは人間の体は水に浮かぶということを知り、
その浮力を利用しながら泳ぐということを知ります。

そして、5mぐらいやっと泳げるようになります。

そしてあなたは徐々に上達して行くのです。

人生はコレと同じです。

大切なのはまず顔を水につけることであり、
ひとまず何でもやってみることです。

そして少しずつ上手になっていきます。

その上で優秀なコーチや、しっかりとした理論を学べば、
無駄な時間を使わずにすみ、大きくショートカットすることができます。

橘式が理論よりも実践を、
体験、体感、実感を重きを置くのはそのためです。

この前素晴らしいお便りを頂いた方が、
この1年間橘先生と一緒にいた気がします。
そしたら病んでいた時とは考えられないくらい
全く別の次元(次のステージ)に行ってしまいました。

と書かれていましたが、
その方は橘というコーチと一緒に1年間、
バタバタと水の中を一生懸命足で掻いたのだと思います。

橘は、自分自身の経験、最先端の理論そういうものを精査しながら、
あなたにとって最高の学びを提供します。

ですが、それを最大限利用できるのは、
「生きる」ということを選択したものだけです。

辛いことも悲しいことも人生ではいろいろ起きるでしょう。
ですが、しっかりとその中で、バタバタと水を掻く事を選択したものだけです。

ゲーテはファストの中で

「生活でも自由でも、それを日々獲得しようとする姿こそが美しい。」

ということを書いていますが、本当そうだと思います。

私達はそういう人たちを応援したいと思っています。

あなたの人生に最大限の幸せが降り注ぎますように祈っております。

さあ、今日も張り切って行きましょう♪

人の一生の成功理論の話はどうでしたか?もっと人生を向上させるヒントを得たい方はこちらから無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ