彼女が極度の心配性。なんとかしてあげたい。良い接し方は?

極度の心配性な彼女への接し方が分からない、なるほど女性の心は繊細です。さて、彼女の心の状態とはいったいどうなっているのでしょうか…この状態をできるかぎり理解してあげることがとても大事なんですね。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今日は、こんな彼氏さんからのご相談をご紹介したいと思います。

「彼女がものすごい心配性で、ちょっと困っています。とにかく色々な心配があるみたいんですが、その中には僕の浮気や、心変わりも入っているので、束縛も結構激しいほうだと思います。

彼女のことは好きですし、彼女も、僕のことを好いてくれているわけですから、こんなことで別れるのは本当にひどいと思います。だから、なんとかしてあげたいのですが、どうしたらいいでしょうか」

ということで、付き合っている彼女が心配性でしょうがない……ということですね。

この場合、彼女への接し方を考えるときに、必要不可欠なのが、彼女の心理状態をちょっとでも多く理解してあげることです。

心配性になっちゃう彼女の心理状態って、一体どんなものなんでしょうか?

〇見落としがちな心情

ひとつには、もちろん、彼のことが好き! というのがあります。

それは、彼氏くんも充分、わかっているようですね。

ただ、心配性の彼女というのは、それだけではないですよ。

というよりも、彼のことが好きという以上に……

自分に自信がありません。

あまり、そう見えない女性も多いですし、女性本人も、劣等感を自覚していないこともあります。

しかし、付き合っている男性を束縛したり、浮気を心配したりする女性、あるいは連絡頻度が非常に多い女性というのは、心の奥底では、彼を信頼していないのではなくて、自分がたいした女性ではないがために、彼が他の女性に目移りしていってしまうのではないか……ということを心配しているものです。

時には、女性はその劣等感を隠すために、派手な格好をしたり、自信ありげなファッションを見せたりするかもしれません。

態度が大きいこともあります。

が!

それにダマされて、「オレの彼女に限って、自信がないなんてあり得ない」と思ってはいけませんよ。

自信のある女性って、束縛なんてしません。束縛をされることも極端に嫌いますが……

彼の心が自分のところにある! という自信がありますし、自分に自信のある女性にとっては、本当はそれさえも、半分以上はどうでもいいことなんです。

だって、もちろん彼氏のことは好きだから付き合っているのだけれども、彼の心が自分になかったり、心変わりしてしまったら、彼氏と別れて、もっと魅力的な男性を見つければいいだけですものね。

運を天に任せれば、きっと自分には、それなりの人が見つかる……という自信もあるんですよね。

でも、自信のない彼女には、そんなどっしりとした基盤がありません。

この彼で最後かも、という不安も持っていますし、この彼氏も離れていってしまうかも……という不安も持っています。

どうして、女性の中でも、このように自信のない女性ができあがってしまうのでしょうか?

それは、親からの育てられ方が原因である場合や、育つ過程でかけられた言葉が充実していなかった場合もあるでしょう。

あるいは、化粧やファッションといった表面的なものに意識を奪われていた期間が長く、表面上の美しさ、かわいさを重視した人生を送ってきたために、自分にあまり中身がない……という自覚をしているのかもしれません。

過去に浮気をされた経験のある女性なども、こうした自信のなさを持っていることが、よくあるようです。

〇ちゃんと言葉にして伝えてあげる

こんな心配性の彼女に対して、束縛もきつくなりがちなことから、彼氏としては、時にはウソをついてまで、自由な時間を確保しようと考えることもあるでしょう。

しかし、心配性の彼女に対して、ウソで対処をするのは、あまりオススメできません。

絶対にごまかしきることができるなら別ですが、ウソはウソを呼ぶことがあるので、むしろそんなのは危険ということも。

彼女が好きで、今後も長い間付き合っていきたいな……と思うのなら、ウソはさらなる疑心暗鬼を呼ぶだけですので、できるだけ控え、彼女には、スケジュールのことなど、本当のことを伝えながら生活していきましょう。

仕事が忙しくて会えないことや、資格試験の勉強があることなど、男性にも色々な事情があることを、まめに説明してあげると良いですね。

説明する手間を省いて、「なんでもいいだろ」「おまえには関係ないよ」なんて言っていると、彼女の心配性はエスカレートするばかりです。

また、さきほど、心配性の原因のひとつとして、「自分に自信がないこと」とお伝えしましたが、自信が持てずにいる彼女に対して、生活全般のこと、また彼女自身のことで、徐々に自信が持てるよう、言葉がけをしていくのも大切な対策です。

自信が持てず、心配性の彼女に対して、無口な接し方をするのは実にマイナスで、「かわいいよ」という容姿のことから、「ありがとう」という感謝の言葉、「好きだよ」という男性の気持ち、そして、「きみなら、大丈夫だよ」という、もろもろのことに対する心配を勇気づけてくれる言葉が、非常に大切です。

以心伝心という言葉もありますが、心配性の彼女に対しては、あまり有効性はありません。

言葉で伝えること、そして自信を持たせてあげることが、対応策の主軸となっていくことを忘れずにいてくださいね。

極度の心配性な彼女への接し方についてはいかがでしたか。人とのコミュニケーションをもっと学びたいという方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ