ザ・ゴールから気付いた痛いところ

ザ・ゴールという本があります。この本は人生において見落としがちな大切なことを教えてくれました。それは分かっていてもつい本能的に避けてしまいがちなものだったりします。自分としっかりと向き合っていうことは大切ですね。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

15年ぐらい前に、本屋さんに平積みになっていて存在は知っていて気になっていたけれど、

ずっと読んでなかった本で、最近やっと読んだ本がありました。(漫画で(笑))

それがザ・ゴールです。

http://goo.gl/w34UlH

この本は工場の生産性に関する本なんですけれど、これは人生全体に当てはまる真理だなぁって思った事があるのでシェアしますね。

それは、

「自分の中で避けている(弱い)部分が、自分の人生全体のスピードを決めている」

ということです。

例えば、コミック版にある図から引用させてもらいますが、

http://makeyousmile.info/mgimg/daichikun.jpg

↑のように、山登りの隊列を組んだ場合、一番前の人がいくら頑張って走っても、全体のスピードはあがりません。

途中で後ろの人が来るのを待ったり、余計なエネルギーを使うなんてこともあると思います。

この図の中の大地君が一番歩くのが苦手なのですが、全体のスピードを決めているのは実は大地君なのです。

つまりこれを自分の中の一番弱い部分、避けている部分だと考えた場合、

結局その避けている部分をなんとかしないと、いくら他のところで頑張ったとしても余計なエネルギーを使うだけで、人生全体は向上しないということなのですね。

これを読んで、「あちゃー」って痛いところ突かれたと、唸ってしまいました。

そして次の日、寺元にこの話をしたら、彼もあちゃー」って叫んでました(笑)

〇自分の人生のステージをあげるために

ということで、今の状況で、前へ進めない場合、自分の中で避けている部分(ボトルネック)をまず見つけること。

そして、その避けている部分(ボトルネック)を時間をかけてでも良いので、しっかりと向かい合っていくこと。

(改善する、生産性を高める、取り除くなど)

ということが大切なのかなと思います。

そしてそのボトルネックというのは、別に悪いものではなく単なる現実として受け止め、自分のステージによって移り変わっていくので

その時々のボトルネックって何かということを見ていくことが大切ですね。

そして橘式でやっていることって、実はそれを出来るだけストレスなく行っていることだったりします^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切っていきましょう♪

ザ・ゴールから学んだ人生の話はいかがでしたか。ストレスに負けないためのヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ