仕事のノルマが大変で精神的にも追い詰められてノイローゼになりそうです。仕事を変える勇気はありません。何か良い方法は?

仕事でノイローゼ。現代社会では割と当たり前のように起こっていることでもあります。深く思い悩む前に考えてほしいことがあります。真面目な方ほど自分を追い詰めてしまうことも多いように感じています。自分を責めすぎないでくださいね


こんにちは。心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

営業部にいる人でどうしても切り離せないのがノルマですよね。

毎月のノルマは、仕事とは言え非常に辛い時があるのは事実だと思います。

支店には、その月の営業目標があり、その目標に向かって努力をするということが多くの場合必要となってきます。

自分一人だけ極端に営業成績が悪いとやはり肩身が狭いと思います。

質問者の方は、仕事を変える勇気はないとおっしゃっていますが、もし部署替えができれば願いでることをおすすめします。

営業は、元来向き不向きがあると思われます。

社交性やコミュニケーション能力ももちろん必要ではあるのですが、ある意味図太さも必要とされる部署ではあります。

ノルマを達成できなくても来月はなんとかできるぐらいの切り替えができないとなかなか厳しいかもしれませんね。

質問者にとって、とるべき方法は次の3つのいずれかではないでしょうか?

・誰かに助けを求める

仕事は辞めたくない、だけれどノルマを達成できなくて苦しいという質問者の方は、自分一人の力で何でもやってこようとしたのではないでしょうか。

もちろん、目標を立てそれに向かって努力をするというのは非常に重要なことではあります。

ですが、今までやってできなかったということは、その方法に何らかの問題があると考えられます。

自分はこうあるべきだという思いが強すぎると他人に助けを求めにくくなってしまいます。

自分は自分が思っているほど力はないかもしれないということをまずは認める必要があります。

カウンセリングでは森田療法と言われる形が一番近いのですが、自分の現実を踏まえた上で、その弱さとともに生きていくことを模索することになります。

質問者の方は、まずはノルマを達成できないでいる現実を見つめましょう。

その上で、自分の能力不足を認め、何ができるのかを考えてみましょう。

一番成績の優秀な同僚にノルマ達成の秘訣を聞いたことがあるでしょうか?

自分一人で考えようとせずに同僚や年下の仲間にも頭を下げて教えてもらうという姿勢も重要になってきます。

・オン、オフの切り替えをする。

会社であった出来事を家に帰って引きずってしまっては、心の休まる暇がありません。

常に興奮状態であれば、不眠症などを引き起こし、メンタル的にも肉体的にも疲労困憊してしまいます。

仕事以外に何か興味があるものがあれば、そちらでストレスを発散するのもいいでしょう。

会社以外の友人に相談してみるのもよいかもしれません。

今の状況を友人に話すことで、今の自分を見つめ直す良いきっかけになります。

そこで、何をすべきなのかのヒントを得られるかもしれません。

また、深く眠れるようにアロマテラピーを使用するのも良い方法でしょう。

自分の好きな香りにつつまれ、自分だけの時間を持つことで、会社のいざこざを忘れ、眠るための準備を整えることができるでしょう。

・それでもだめなら逃げて欲しい

営業はやはり適性があります。

人と話すことが苦手な人や内気な人に営業をしろと言ってもやはり厳しいでしょう。

そんな時には思い切って逃げて欲しいと思います。

ここでは、三郎さん(仮名)の事例を取り上げてみましょう。

<カウンセリング事例 三郎さん(仮名) 30歳>

三郎さんは住宅販売会社に勤める男性です。

営業を転職と考え、毎日楽しく仕事をしていたと述べています。

その毎日が一変したのはバブル崩壊後です。

飛ぶように売れていた新築物件はなかな売れなくなってしまい、会社としての売り上げは半分以下になってしまいました。

その頃から、ノルマ達成への締め付けも厳しくなり、三郎さんは精神的に少しずつ追いつめられて行き、等々会社に行けなくなってしまいました。

三郎さんの場合、本人の素質と言うよりも環境の要因がおおきかったのです。

本人は営業は続けたいという思いは強かったのですが、カウンセラーとしては現在の会社を続けることはおすすめできませんでした。

三郎さん自身は、今の会社をやめることは自分自身に負けることだと思いこんでいたようです。

そこでカウンセリングでは、その考えを改め今後何をすることができるのかを考える認知療法を用いました。

・会社を変えることは自分に負けることではなく、自分に追いつめるようなことからは逃げることも必要だということを繰り返し伝え、理解してもらいました。

・心も体も健康でいられることが三郎さんの最善であり、そのためには何をしたらよいのかを考えてもらいました。

その結果、三郎さんは他の職場への転職を果たしました。

私は、逃げることは必ずしも悪いことではないと思っています。

三郎さんは新しい職場で、業種は違いますが営業マンとして活躍しています。

質問者の方も、どうにもこうにもならない時には勇気をもって逃げることも大切ではないでしょうか。

逃げることは負けることではありません。

今一度、質問者の方は今の仕事を続ける意味があるのか、転職は全く視野にないのかについて考えてみましょう。

仕事でノイローゼ、そこから立ち直る話はいかがでしたか。自分の心を安定させ強くさせるためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ