ずっと漠然とした不安があります。ノイローゼかどうかチェックする方法はありますか?

漠然とした不安がある、これって落ち着かないものですよね。そして自分の抱えている不安がノイローゼへと変わっていってしまうことも。今回はノイローゼの可能性チェックの話も合わせてお伝えします。


こんにちは。心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

あなたが抱く不安が何に対してなのか、そこを明らかにすることからノイローゼの診断は始まります。

一般的にノイローゼと呼ばれるものと、うつ病と呼ばれるものの違いを知っていますか?

〇ノイローゼとうつの違い

両方とも心の問題であることは共通しています。

ノイローゼと呼ばれるものには多くの種類が含まれ、パニック障害や対人恐怖症などの神経症を指します。

うつ病などがその原因がはっきりしないのに対し、ノイローゼはその原因がはっきりしていると言われています。

例えば、育児ノイローゼがその代表例です。

眠らない我が子を抱きかかえ、寝ることのできない日々、いくら愛しい我が子だとは言え、睡眠不足の毎日は少しずつ精神的に追いつめられて行きますよね。

その原因は、誰も助けてもらえない育児だとはっきりしています。

このように原因があり、その原因によって精神的に追いつめられた結果、ノイローゼに陥ってしまうのです。

もちろん、その原因によってどれだけの不安を感じるかは本人が持っている性格的な要素も関係してきます。

私のカウンセリングを受けたクライアントさんの中で、ノイローゼを訴える方には似たような性質を持った方が多くいらっしゃいました。

ノイローゼになりやすい性格をチェックするときに参考にしてください。

1. 非常に繊細である

2. 心配症である

クライアントさんは、非常に細かやな性質の方が多いです。

自分がしていることが、相手にどう思われているのかを常に気にしている人ほとんどです。

逆に、相手に何を思われようが気にならない人は、ノイローゼになってしまうことはまずありません。

3. まじめな人

4. 几帳面な人

毎日の生活の中でイレギュラーなことが発生すると、急に不安になってしまう、何度も点検作業を繰り返してしまうという人は、プレッシャーや不安に弱い人が多いです。

その不安に負ける形で、精神的に不安定になってしまうのです。

5. 自分に自信の無い人

自分に自信の無い人は、他人の評価を気にしすぎる傾向があります。自分に自信が持てないので他人の評価が、自分自身の価値そのものになってしまいがちなんですね。
 
6. マイナス思考の人

「今回失敗してもどうにかなるさ」と考えることのできる人は、まずノイローゼに陥ることはありません。

「今回失敗したら次も失敗するかもしれない」、「失敗した自分を皆バカにしている」と思いがちな人は、自分自身に不要なプレッシャーをかけてしまいがちです。

一方、ノイローゼを含む神経症には体に症状が出やすいのも特徴です。

内科などで調べてみても内臓的には全く異常がないのに、実際に不調が出る。

そのようなクライアントさんが多くいらっしゃいました。あなたには当てはまらないでしょか?

1. 動機がする

2. 急にめまいがしたり、吐き気がしたりする

3. 発作的に息が苦しくなったり、命の恐怖を感じたりするほどの不調を感じる

4. 食欲が落ちてきて、急激に体重が減ってきた

5. 夜眠れない

漠然とした不安と言いながら、その不安に至るまでの原因がはっきりしているのがノイローゼの特徴です。

1. 今までと生活環境が全くことなってきた
  
新しい環境に馴染むまでというのは、誰にでも不安です。

新社会人生活をはじめた、妊娠した、赤ちゃんが生まれたなど、幸福な出来事の中にもその不安は潜んでいます。

自分は上手くやっていけるのだろかと思い悩むあまり自分を追いつめていってしまっているのです。

2. これをやらなければ不安になってしまうということがある

普通の人から見ていれば、どうしてそんなことに拘ってしまうのか?と思うのに、ノイローゼを抱えるクライアントさんにとっては気も狂わんばかりこだわっていることがあります。

その通りに行かなければ、たちまち不安に襲われ立っていられない状態になってしまうクライアントさんもいらっしゃいました。

自分でこんなことで・・と思いながらも、それをしないと自分を保っていられなくなるほどの不安に襲われる人は、ぜひカウンセラーの元を訪ねて下さい。

このように、ノイローゼに陥ってしまうのは1つの理由だけによるものではありません。

あなたにとって何でもないことであっても、他の人にはとても深刻な不安なことかもしれません。

逆に、あなたにとってすごくプレッシャーになってしまうことが、友達には取るに足らないことかもしれません。

人によって感じ方が異なる以上、まとめてノイローゼをチェックする方法はこれだと表示するのは、カウンセラーの立場から言えば、非常に危険だと思います。

今回は、性格面、身体面、環境面からノイローゼにかかりやすい特徴を見てきましたが、これらの3つの要素が複雑に絡み合い、ノイローゼという心の問題につながっていくものだと思われます。

ですから、もしあなたが日常生活を送れないほどのプレッシャーや不安に襲われた時には、自己判断をすることなく、私達カウンセラーの元を訪れて欲しいと願います。

不安の根源は何であるのかをはっきりさせることが、あなたの明日を楽にしてくれますよ!

ノイローゼのチェックと複数の面から見た話はいかがでしたか。悩んでばかりいる自分を乗り越えるためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ