緊急な事優先の仕事の計画の立て方はダメ。

緊急的なことに対して追われがちな毎日。そしてずっと目標のあの事に関しては一歩も進めてない。そういうことってありますよね?では私達はどうしてそういう悪循環に入ってしまうのでしょうか?そこから抜け出すヒントとは?


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は
私が担当させていただきますね。

この前、私なりの時間管理術を書いた

「時間の使い方を変えると、人生が変わる」

が結構好評だったみたいで、
たくさんのお便りを頂きました。

その中で、

—-

少しマンネリぎみな昨今、緊急と重要のお話は
とてもよい気づきとなりました。

今週はここにフォーカスして仕事に取り組んでみたいと
思います。活性化しそうな気がします。

—-

という素晴らしいお便りをいただきましたので、
今回はエネルギーに焦点を合わせた仕事の計画の立て方や
時間管理のお話をしたいと思います。

緊急なことばかりしていると仕事はマンネリ化する

私はいつも、一日のエネルギーをいかに有効的に利用するか
ということを考えて一日を送っています。

というのもエネルギーというのは有限だと思うからです。

午後の2時頃とか、4時頃とか仕事のペースが落ちるなぁ
なんて考えているのはあなただけじゃないです。

普通に送っているとそれぐらいにエネルギーが枯渇していきます。

そこでその有限なエネルギーをどう使えば良いのかというのが
私の時間管理術の根本にあるのです。

よって、

http://makeyousmile.info/jikankanri.pdf

の中で、

「緊急で、重要でない」

という事というのは午後の時間に振り分けることが多いです。

午前中にこれをやってしまうと、
重要でないのに、エネルギーのある時間帯に浪費されてしまい、
あっという間に一日が過ぎてしまうからです。

そういう仕事の計画の立て方はあまり良くないですね。

そうして本当に大切な、

「緊急でない、重要」な事に関して

エネルギーが枯渇しているので、
時間を取るのが凄く難しいのです。

そして、それが続くと主体的でないので、
マンネリ化が進みます。

ですので、打ち合わせであるとか、来訪していただく時とか、
メールの返信や対応が必要なものというのは、
午後にスケジュールを組むことが多いです。

しかも、そういう無理矢理でもやらなくてはいけない事というのは、
強制力が働くのでエネルギーが枯渇しててもできますからね。

午前中に重点を置く仕事の計画の立て方をしよう

逆に、この記事の執筆などクリエイティブな作業や、
未来を生み出す新しいサービスの企画などは、
午前中に行う事が多いです。

そして毎朝6時頃に一日の計画を立てているのは
それがある意味とてもクリエイティブな作業でもあるからですね^^

今回は、時間管理ということに関して、
エネルギーという観点から書いてみました。

もちろん、主婦の方には主婦の方の、
受動的な仕事が多い方にはそういう方の事情があると思います。

ですが自分にとって一番良い時間の使い方って何だろう?
って考えてみるのは、人生を充実させるために凄く良い事だと思います。

あなたの未来がより輝かしいものとなることを祈っております^^

それでは、今日もはりきって行きましょう♪

事の計画の記事はあなたのお役に立ちましたか?もっと人生を向上させるヒントを得たい方はこちらから無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ