心のゆとりを持つと景色や感情すらも変わっていく

何かと忙しい日々の生活。様々なことに追われて余裕がなくなってしまったり。心のゆとり、ちゃんと持てていますか?大事なことです。落ち着いている人や、どっしりと構えていられる人はやはり余裕があるからこそなんですよね。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

本日の記事は私が担当させていただきます。

今回は季節のお話し、秋に焦点をあてたお話をしていこうと思います

10月13日という日はサツマイモの日なのです。

これは埼玉県にある川越市で決められました。

10月はさつまいもの旬であり、江戸から川越までの距離が約13里なので、さつまいもが「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたことから、だそうですよ

私の近所でも毎年秋の季節になると、石焼き芋を売るトラックが走り出します。

旬の味覚を食べると、季節を実感するような感じがしませんか?

秋という言葉からあなたは何を連想するでしょうか

日本の四季というものはどの季節にも素敵なものがあります

〇余裕がなくなっていませんか?

そんなことより仕事が忙しい!

そんなことより今の悩みごとのほうが深刻!

となってしまいそうになったら、こんな風に日常にある素敵を探してみるんです

昔の私はこういうことをあまり楽しめませんでした。

今日は寒い、熱い、ちょうどいい

その程度のことしか考えず、やれ仕事だなんだと、せわしなかった気がします

心にゆとりがなかったなって今だから本当に感じます。

心にゆとりができると、視野も広がっていくし

感謝の想いを様々なものに向けていくことができました

それこそサツマイモなら美味しく育ってくれてありがとう、とか

綺麗に色づいた葉を見れば、美しいものを見せてくれてありがとうと

口に出しはしませんが、心の奥でそう思えていけました。

何かと忙しい日々が続く方も多いかもしれません

でもそんな時こそ一息いれて、心にゆとりをあげてみてくださいね

それでは今回はここまでです

今日もあなたにとって素敵な一日になりますように

心のゆとりが与えてくれるものの話はいかがでしたか。もっと心に余裕をもって生きるためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ