自分のやりたいことがわからないから抜け出すために

自分のやりたいことがわからない。このご時世です、甘えの一言で解決できることでもありません。ではどうすれば良いのでしょうか。この状況から抜け出すための方法をお伝えしていきます。そしてコツは失敗しても諦めないことです


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて今回はお客様からご相談いただいた話をご紹介したいと思います

この相談は一人の方ということではなく、本当に多くの方からいただく内容でもあります。

その相談とは

「やりたいことはボンヤリあるんだけど、本当にそれをやっていいのか分からない」

ということなんですね。

例えば、新しい仕事を始めるにあたって何か資格を取った方がいいとは思う。

でも、なんだかんだ言い訳がつきまとって結局やらない、またはやれていない。

という状態に陥ってしまっているということなんです。

昔、私も一つの仕事が長続きしなくて、何かに特化せねば…と考えていた時期があったんですね。

でも、何に特化するのが自分には良いのだろう?で止まってしまってたんです。

明確なゴールとか目標が定まっていなかったんですね。

ただ、そんな中、興味を強く持った仕事に対しては、やはりやる気とか、そこに対する集中力は凄まじい物が発揮されたこともありました。

「これがやりたい」というものが明確化すると確実に気分も上がっていくんですよね。

〇一歩でも前に進むことが大切

こういった、どうしたらいいのだろうかという状態から脱却するためには、目標設定のようなものが大切なのかなぁと思っています。

とはいえそれが難易度が高いというのも同時に感じています

私も本当に自分が目指すべきゴール地点というものは見えていません。

まだまだ勉強不足ですし、至らない点も沢山。

でもそんな中で、昨日の自分よりも1ミリでも成長できた今日の自分になる

そんな目標を持ちながら日々を過ごしています。

自分で自分を終わりにしないかぎり伸びしろはあると思っています

だからどうか否定から入る前に

ちょっとやってみよ♪

そんなノリで、できていないことなんかに挑戦してもらえたらなと思っています。

難しいことじゃなくて、簡単な挑戦からでも全然いいと思います。

蛇足ではありますが、実は私、インドア派で運動するのあんまり好きじゃないんです。

でもそんな私でも休日にそれなりの距離を散歩することを日課にすることができました。

なんで日課にできたか、歩いた後の適度な疲れが心地よかったと実感できたり、身体の調子が良くなるという成果を得られたからなんですね。

本当こんな身近にできることから始めるというのはオススメですよ。

それでは今回はここまでです

本日も素敵な一日になりますように

自分のやりたいことがわからないから抜け出すための話はいかがでしたか。自分の心をもっと元気にしていくヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ