仲良し夫婦と上手くいかない夫婦の違いって?

仲の良い夫婦とそうでない夫婦の違い、いったい何が違うのでしょうか。仲良しの夫婦になるための秘訣がやはりあります。せっかく愛した人なのですから、楽しく共に歩みたいですよね。ぜひ今回の話を参考にしていただければと思います


おはようございます。
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

クライアントさんを見ていて、夫婦関係が上手くいっている人と上手く言ってない人の違いってなんだろうって見ていると、

大きな視点で見ていると、それは夫婦のバランスが取れているか取れてないかというところが大きいなと思いました。

「旦那が器量がなくて・・・」

と嘆く方もいらっしゃいますが、奥さんが稼いで旦那さんが家を守っていて上手くいっているパターンもありますし、

今は共働きの方が多いですが、共働きでも、専業主婦でも上手くいっているパターンもあります。

いろいろな形態がありますが、どの形態でも幸せな夫婦はいるんですね^^

ただどこも上手くいっている夫婦は

陽(稼ぐ、広げる、投資、耕す、積極的、繋げる、創造)

陰(守る、育てる、節約、和ます、ケア、感謝、思いやり)

のバランスがなんらかの形で取れているということを感じます。

色々なパターンがあるので一概には言えないのですが、例えば、旦那さんが稼ぎ頭で、会社ではお偉いさんの場合(陽)でも、

これが家でもその態度だと不満を抱きやすいということがありますね。

大体多くの家では、奥さんが家庭ではメインの役割を担っていることが多いので、
そこは旦那さんが会社では偉くても、妻を尊敬し、一歩引いて守っていると全体のバランスがとれます。

そして最近増えている、奥さんが稼ぎ頭(陽)の場合だと、旦那さんが働きながらも旦那さんがメインで家をしっかり守っていて(陰)上手くいくパターンが見られます。

その場合は家では奥さんは旦那さんをしっかりと立てなくてはいけないですね。そこは旦那さんがメインの場所ですから。

とにかくそこで大切なのは、陰と陽の間に上下関係はないんだということです。

例えば、お金を稼いでいる方が偉いというわけではありませんし、「誰に食わせてもらっているんだ」と陽が陰を蔑ろにすると上手く行きません。

陰と陽、お互いがそれぞれ役割を分担しているからこそ、そこに恵みの雨を降らせることができます。

もちろん夫婦間の細かい所は深いですし、橘心理サロンではそういう講座もやったりしていますから、そういうところでしっかりと学んで貰えば良いと思いますが、
お互い(陰と陽)がいるから今があるんだなぁという気持ちをもっていただくというのが夫婦円満の秘訣かなと思います。

そしてそれは全ての人間関係に通じます。

私も人それぞれ支えあっているということに感謝の気持ちを持って生きていけたらと思っております。

ありがとうございます。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切って行きましょう♪

仲良し夫婦になるための大切なことの話はいかがでしたか。もっともっと夫婦仲良く過ごしたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ