一歩踏み出す勇気を持つ

自分はどうして〇〇なんだろう…自分はどうせ…こんな考え方しちゃったりしてませんか?一歩踏み出す勇気を持つことが大事になってきます。そうは言っても…という言い訳はきっとあると思います。まずはできることから、が大切ですよ


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

唐突ではありますが、夏の季節にはお盆の時期がありますよね。

お盆の行事って地方によって特色があったりして面白いですよね。

私のところでは先祖のお墓に提灯持ってお迎えとお送りをするという風習があります。

あとはいたるところに、キュウリとナスに割り箸をさして送迎用の馬と牛を用意するというところでしょうか。

子供の頃はあまり意味もわからずに、この光景を見てきました。

こうやって何かのきっかけで子供の頃って他にどんな思いであったかな…

なんて思い返すことをしてみると、ときたま妙な記憶が蘇ってきたりすることありませんか

でもそれがきっかけで大切な何かを思い出したりすることも…

辛いことを思い出すこともありますが、忘れていた何かを思い出すことも私はありました。

ちょっと時間をかけて過去を振り返ると、良い記憶、悪い記憶いっぱいあります。

過去に起きたことは変えられません。

だから後悔することもいっぱいあります。

反省することは大切です。でも反省だけで終わってしまうと落ち込む一方です。

その反省を生かして未来を見据えるのが大事だと私は思っています。

そう、未来は何も決まっていません。

だから自分にできる事をやってみたり、自分が進みたい方向へ行くことも可能なんです。

〇やってみようという精神が大事

自信がない、不安だな

そう思うこともあります。

不確定な未来ですからそう考えてしまっても仕方ありません。

でもやってみなきゃ結果はでませんからね。

でもでも失敗したらどうしよう…

こんな思いもつきまとってくると思います

そうしてグルグルと悪循環のような回転が始まってしまったりもしますよね

では良い循環へ逆回転させるためにはどうしたらいいのでしょうか

このヒントは実はCD講座の1枚目にいっぱい入ってたりします

もう何度も聴いてくださっているかもしれません

そして大事なのは「知っていると出来ている」では本当に大きな違いがあります

何かをなそうと、一歩目を踏み出すのは勇気がいることかと思います。

ですが踏み出せたら2歩目3歩目は進みやすくなります。

私も過去、何度も挫折して心が折れそうになったことがあります

ですが勇気を持って踏み出した時、やはり世界は広がっていきました

あなたにもあなただけの価値、可能性がある

共に頑張っていきましょう

それでは今回はここまでです
あなたにとって素敵な一日になりますように

一歩踏み出す勇気についての話はいかがでしたか。前向きな考え方をしていくコツを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ