私は看護師をやっていますがいじめにあっています。私が私が仕事を頼んでも無視されます。どうすればいい

看護師の方からいじめについての相談を受けました。どの職場でもあることなのですが、本当にため息もの。この問題を解決するにはちょっとした工夫と、勇気が必用です。今回はこの問題についてお伝えしていきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回のご相談は、看護師さんからです。

言うまでも無く大変なお仕事ですが、どんなお悩みでしょうか? 拝見してみましょう。

——

「私は看護師をやっていますが、一緒にシフトに入る二人から、いじめにあっています。

私が同僚に仕事を頼んでも、無視され、やってもらえないだけではなく、同僚同士でおしゃべりばかり。

みんなでやる種類の仕事はすべて私一人に押しつけられています。

同僚といっても、私から見れば先輩に当たりますので、逆らうこともできません。どうしたらいいでしょうか?」

——

これはお仕事が余計大変になってしまいますね。

患者さんのお世話の他、看護師さんには様々なお仕事があることと思います。

その中で、本来なら皆さんと協力して行うべき部分が、一人の仕事になってしまっている……ということですね。

こうしたお悩みは、看護師さんの業界だけでなく、どこの会社でもよくあります。

同僚の中で仲良しの二人が給湯室から出てこない……とか、コンビニやスーパーだって、レジの中でおしゃべりばかりしている意識の低い人はいるものです。

ただ、しゃべりたいことをしゃべるだけでなく、他の一人を完全に無視して、仕事を押しつけ……というのはたちが悪いですね。

こうしたいじめをしている人の心理は、どのようになっているのでしょうか? 

〇状況から抜け出せなくなってる

この看護師さんの場合は、いじめているのが先輩で、後輩に仕事を押しつけている……ということですが、先輩の方には、「後輩だから、やって当たり前」という心理があることでしょう。

さらに、仲良しのお友達とお話するのが楽しくて仕方なく、いじめているという意識はほとんど無い状態です。

後輩のあの子と、私たちとは関係ないわ。

仕事のほうは、後輩がいるんだから後輩がやって当たり前だし、私たちが手を出すことはないわよね……。そんな気持ちでいるのですよ。

ただ、その裏側にある感情も、見逃すことはできません。

無視をしている自覚と、ちょっとした罪悪感は、たいていどんな先輩も持っています。

ところが、仲良し二人組ということだと、相手の目線が気になるのです。

連帯感があり、一人だけが「無視する」という状況から抜け出すことができなくなってしまいます。

お互いにお互いを監視するような状態になってしまうのが、二人で行ういじめが解決しづらい原因のひとつ。

本心では、現在のような状態から解放されたいと思っている気持ちもあるでしょう。

ただ、相手の前であなたを手伝うことは、相手を裏切ることになる、それはできない……というわけです。

〇上司への相談の仕方に工夫をする

この看護師さんの場合は、いじめているお二人は結局、「仕事をきちんとしていない」ということになりますよね。

ですから、ここは上司の方から注意していただいて良いと思います。

看護師さんの場合は、婦長さんとか、師長さんとか仰る方ですよね。

ただ、直接、「あの二人は仕事をしない」と上司に訴えるのは角が立つので、そこは、訴え方にひと工夫してみましょう。

「あれも、これも、あれも、これも、あれも、これも、私一人でやっている状況なのですが、量が多すぎて手が回りません。この前は、あまり忙しくて、患者さんの看護をミスしそうになりました。
このままではマズイと思って相談しました。どうしたらうまく回せますか?」

「どなたかに、お手伝いをお願いできないでしょうか」

そんな風に持ちかけてみると、上司のほうから仕事の割り振りについて、先輩の二人にも「アドバイス」があるかもしれません。

少なくとも、こうしたケースでは、上司の前では仕事をしているように見せかける二人組が多いですから、「あれもこれも、それもどれも、後輩ちゃんがやっている!」ということについて上司が疑問に思い、残りの二人の動向により注意してくれる可能性があります。

何よりも、病院において最も優先されるべき、患者さんの看護にしわ寄せが及びそうになった……という点について、危機感を感じていただければ良いですね。

もちろんこれは、事実でなくてもOKです。

患者さんの入浴の時間に間に合わなくなるところだったとか、そんなレベルの話で良いと思います。

上司に相談する前に、あらかじめ紙に、あなたが行っている「手伝ってもらえていない仕事」をリストアップして、持っていきましょう。

さきほど少し述べましたが、二人で無視などのいじめを行っていると、一人だけがそこから抜け出すことはなかなか難しくなります。

あなたの仕事が大変そうだな……と思っても、相手の目線が気になり、手出しをすることができません。

こうした場合に、上司から「仕事をするように」とヒトコトいただくと、「上司が言ったから」という理由づけができ、相手にも言い訳が立つので、仕事に手を出すいい切っ掛けになるのです。

それから、無視をされている場合には、あなたから二人に話しかけることというのは、まず無いことと思いますが、それでも、笑顔で挨拶をしたり、もし仕事をしてくれたらお礼を言ってみたり。

看護師さんですからカワイイ小物もよくお持ちだと思います。

何か見つけたら「それカワイイですね!」などと声をかけてみたり、そういった細々とした努力を忘れないでください。

最初はそれも無視されて、悲しい思いをするかもしれませんが、こうしたことは、あなたがその二人を避けたり、怒ったりしていないという主張です。

これまでさんざん無視してきたのだから、あなたが怒っているだろうということは二人にも容易に想像がつくかと思います。

ですから、あなたが二人を避けているうちは、その二人も、あなたのことを無視し続けざるを得なくなってしまいます。

いじめはそうした悪循環の中に生まれ、消えることができずにいます。

あなたから勇気をだして、その悪循環を断ち切るようにしてみてくださいね。

看護師のいじめとその対策についての話はいかがでしたか。自分の心を強くして、問題に立ち向かえるようになるヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ