私は一人でいるのが好きで、無駄口を叩く方ではないがどの職場に行っても嫌がらせばかり。私が悪いのでしょうか?

一人でいるのが好きで、あまりしゃべらない人。めずらしくはありませんが、職場での嫌がらせにまきこまれてしまうケースがあります。そうならないためにも日頃のコミュニケーションというのは大切なんですね。今回はそんな例をご紹介します


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、あまり集団で居るのが得意ではない……という方から、このようなご相談をいただきました。

曰く、「私は一人でいるのが好きで、仕事中も、無駄口を叩くほうではありません。ところが、真面目にやっているつもりなのに、どの職場に行っても嫌がらせばかり受けます。私が悪いのでしょうか?」ということなのですが……。

集団でいるよりも、一人のほうがラク。人とコミュニケーションを、積極的に取りたいとは思えない。

話しかけられるのは、たまにならいいけれども、自分から話しかけることはほぼない。

こんな人は、珍しくはありません。

世間ではこれを、「人見知り」と呼ぶこともありますが、基本的に他人との関わりを積極的に持たず、自分一人の世界を大切にする。

そのような人は、時代が進むに従って、より数を増やしつつあると言えるかもしれませんよね。

携帯や、パソコンの普及。誰でもインターネットができる時代。メールあり、LINEあり……そのような時代となって、人は必ずしも、だれかと上手にコミュニケーションを取らなくても、生きていくことができるようになりました。

ただの人見知りではなく、こうしたコンピュータ社会に取り込まれ、人見知りに「させられてしまった」方たちも、中にはいます。それも、大勢です。

この時代において、上のような、「自分はコミュニケーションが得意ではない。でも、他人と仲良くしたいと思わないわけではない。それなのに、何処へ行ってもいじめられる」という悩みは、どこに発生してもおかしくはないものなのです。

〇適度なコミュニケーションは大事

お悩みには、「私が悪いのでしょうか?」と、ストレートにご質問がありましたので、お答えしましょう。

端的に申し上げると……「あなた『も』悪い」ということになりますでしょうか。

もちろん、嫌がらせというのは、される方と、する方とがありまして、どちらが悪いかといえば、する方が悪いに決まっているのです。

それで、嫌がらせの中には、やられるほうに何の非もないのに、ある日突然始まる嫌がらせもある。

しかし、今回のケースは、それには該当しません。

あなた、しっかりやられるだけの原因を作っているからです。

もちろん、やる方が悪いのですが、やられる方にも、それなりの理由はある……とよく言われるのがこのパターンですね。

責めているわけではありません。いじめや嫌がらせは、する方がいけない。

でも、理由や原因がある場合には、その原因を取り除いていけば確実に解消するということでもありますから、あなたのほうから行動を起こす必要はありますよ。

あなたに知っていただきたい、このような意見があります。

〇見えない壁を作ってしまっている

「仕事で隣の席になった人が、口をきいてくれない。どんな連絡もフセンで机の上に置いていく。隣にいるのだから、口で言えばいいのに……。最初のうちはコミュニケーションをとろうとも思ったけれど、歓迎されていないのがわかるのでこちらから話しかけることもできない。雑談もできないし、仕事関係の話も、向こうから話しかけてこないから、こちらからも自然にフセンやメールになってしまう。いっそ何か嫌がらせをしてやろうかとも思ったけれど、それは卑怯だと思うから、していない。でも、こんなギクシャクした相手だから、辞めてくれないかな……と思うことはある」

これは、コミュニケーションをとってくれない同僚と隣席になった人の実体験から生まれた感想です。

これを見てもわかるように、コミュニケーションをとってもらえないほうは、最初はそれでも、なんとかコミュニケーションをとろうとこころみます。

しかし、それに対して反応が薄い、さらに相手から自分への働きかけも一切無い……というところで、自分が相手にとって、歓迎されていないことを感じ取り、不安になり、そして、とうとうコミュニケーションをとる努力を停止してしまう。

上にあった実際の話では、「嫌がらせをしようと思ったが、思いとどまった」という内容でしたが、実際に嫌がらせに発展していることもたくさんあります。

それに、何をしているつもりもないのですが、コミュニケーションをとらなくなったことで、無口な人が「無視をしている」と認識してしまう場合もあるのです。

この、実体験に基づいた意見は、職場でコミュニケーションを取るのが苦手な人に行われる嫌がらせのプロセスを、よく示しているものですよね。

自分は無口なタイプで、人とコミュニケーションをとるのが上手ではない。職場で無視されることがある。嫌がらせをされる……。

そんな経験のある人は、まず最初に、自分から相手を遠ざけている可能性を考えてみてください。

そして、少しずつで良いので、職場の人たちとコミュニケーションを取る努力をすることが、解決につながります。

挨拶を大きな声にするとか、話しかけられたら、ニッコリ笑って聞くとか、それから、隣の人の持ち物をちょっとだけ、「それ、きれいですね」「かわいいですね」等とホメてみるなど、簡単なこと、簡単なひとことだけで良いのです。

あなたが、意思疎通のできる相手だと分かったら、相手からの態度が変わります。人間というのはそういうものです。未知のものには、よそよそしくするし、少しでも知っているものには、仲間意識を抱くのです。

嫌がらせばかり。それは、あなたばかりが悪いのではありません。

でも、解決の糸口をつくるのは他ならぬ、あなた自身なのですよ。

職場でのいじめは自分が引き起こしている場合もあるという話はいかがでしたか。コミュニケーションが上達するためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ