自分を認める、許してあげると見えてくるものがある。

自分を認めることができないという方は、実は多くいるんですね。いつのまにかできてしまった自分ルール、そろそろ許してもいいのではありませんか。生きづらい、何か窮屈に感じているとしたらそこに原因があるかもしれませんよ


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて、心の学びを沢山していく中でとっても重要なことがあります

それは自分にOK出せるかということなんですね

〇自分をどこまで許せるか

先日、とある方に自分の中に許せない部分とかってありますか、という質問をしたところ、やはり「ある」と返ってきました。

他の人から見ればそこまで考えなくてもいいのでは?というくらい固執してしまってるとのことでした。

長いことそうやって生きてきたのだから自分の根底に近いものって、そうそう覆せなかったりするのはよくわかります。

実際に私もそうでした。

私の場合はマジメ(すぎた)という部分。

昔から委員長タイプであまりふざけたことには賛同できない、頭の固いタイプだったんですね。

マジメなのは悪いことではないと思います。

それだけ尊敬されたり、信頼されたりもするからです。

周囲の評価がそうなってくると、「そうでなければならない」みたいな自分ルールが作られていきます。

それが本当に自分が生きやすい、正しいモノであれば全く問題はないのですが、

これのせいで思考が凝り固まったり、窮屈に感じてしまうと辛くなってきてしまうんですよね。

だからそこを変えることができると楽になれる。

そんな時にまず試していただきたいのが自分にOK出してあげることなんです

〇自分を裁きすぎないで

自分の〇〇なところがダメって強く自分を裁いてしまっている方も少なくないんですね。

ダメっていう気持ちが大きすぎると、それだけ自分を嫌いになりやすくなってしまうんです。

今まではそうダメって思ってたけど、もう許してあげてもいいよね

オッケー、オッケー、もうちょっと肩の力を抜いて大丈夫だよね

今までもしかして私を守るためにこんな想いを持ってたんだね、ありがとう

こんな風に自分に許可を与えて認めて受け入れてあげる。

そして今の自分を許せたらどうなるんだろう?と想像していくんですね。

自分が納得できるまでこれを続けたことによって私も変わることができたんです。

それによって、視野が広くなりましたし、自分をもっと客観視できるようにもなったんですね。

様々な心の学びがありますが、まずは本当にこの根底の部分というのがとても大切だなと思いなおしました。

それでは今回はここまでです。
今日も一日頑張っていきましょう^^

自分を認め許すという話はいかがでしたか。今の自分から変われるヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ