人間力を高める言葉の使い方

人間力を高める方法っていくつかあると思います。今回は日常でも活かせる言葉の使い方を私なりに紹介します。言葉って本当に沢山の力を秘めていて、たった一言でも影響が出てくるものなんです。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

私が生きてて、人間力アップのために役立つなって思うことに、

「その言葉ってカッコイイ?」

というのがあります。

これは個人的な遊びなんですけど、

例えばね、すごーく嫌いな人がいて、その人が性格が悪いのはよく知っているその人が出世してしまった時、

「いやーあいつはね、ただ運が良かっただけですよ。」

っていうのはかっこ悪い(笑)

気持ちはわかる、本当その人のこと嫌い(笑)、

だけどそこで、「良かったね。努力したんだね」って言うと、これカッコイイ!

また奥さんに、すごい買い物を頼まれた、そんなバック買えない!そういう時に、

「お前、俺の給料わかってるだろう!買えるわけないだろう!」

って言うのはかっこ悪い(笑)

そこで、

「ちょっと今は買えないけど、買ってあげられるように仕事頑張るな」

って言うのはカッコイイ!

これってある意味やせ我慢なんですけれど、だけどそのために頑張らなくてはいけなくなるので、自然と自分の実力を上げてかなくちゃいけないと思えるんですよね。

そしてそうやって頑張ってると、

「始めに言葉ありき」

じゃないですけれど、不思議と本当にそう思えるようになってくるんですよね。

そして、その結果自然と魅力がアップするんじゃないかなー なんて、私は思っているんですよね。

もちろん生きてるとね、

「いや今回は、カッコ悪いこと言っちゃったなー 」

なんて時もあるんです。

その時はまあしょうがない(笑)人に優しく、自分に優しく(笑)

だけど、次はもっとカッコイイ事が言えるようになったら楽しいなぁって遊んでいると、

それって人生的に凄く面白いことだねって思うんです。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは今日も張り切って行きましょう♪

人間力を高める言葉の使い方についての話はいかがでしたか。自分をもっと高めるためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ