完璧主義でうつ病になってしまいました。どうしたらいいですか?

手をゆるめることをしない完璧主義な方はうつ病になってしまう可能性も秘めています。どんなことに気を付けたらいいのか、またなってしまった場合の対処法についてのお話を今回はさせていただきます。


こんにちは。心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

完璧主義のあなたは、日常生活の中でも常に100点を求めていたのではないでしょうか?

もちろん、100点を常にとることができれば周囲の評価も高いですよね。

でも、実際にいつも完璧を求めることは不可能ではないでしょうか?

完璧を求め続けることは多くの努力を必要とします。

上昇志向や向上心はとても大切なことではあるのですが、常に全力投球している状態はいつか疲れてしまいます。

100m全力疾走を続けることはできませんよね。

休むことが苦手な完璧主義者は、やはりうつ病などの心の問題を抱えやすくなってしまうのです。

1.休みましょう!

うつ病と診断されたら、まずは立ち止まってみましょう。

あなたは今まで突っ走ってきたのです。

体だけでなく、心も疲れてしまったため、うつ病になってしまったのですね。

まずは、何かをしようと思うまで心と体を休ませてください。

一日中寝てもかまいません。ひとまず休みましょう。

2.カウンセリングを受けて下さい

完璧主義はなくすことはできません。

本来の性格であり、その性格を根本から覆すことは不可能です。

ですが、和らげることはできるのです。

それは、あなたそのものを否定することではありません。

あなたの考え方を少し修正するのです。

その手助けをするのが、我々カウンセラーになります。

カウンセリングと言ったら、何だか敷居が高くて行きづらいと思っている人も多いでしょう。

ですが、もう少し気軽に利用して欲しいのです。

風邪をひいたら病院を受診しますよね?そのぐらいカウンセラーはあなたの身近にいる友人なのです。

2-1 カウンセリングで何をするの?

私のカウンセリングでは、まず自分を見つめ直すことからはじめます。

完璧主義で無あるとクライアントさんが自覚している場合、完璧主義でよかったこと、悪かったことを考えてもらいます。

私のクライアントさんで聞かれた完璧主義の良かったこと、悪かったことをあげてみますね。

(良かったこと)
・仕事ができる人だと思われる
・周囲の評価が高い
・褒められる
・周囲の人に尊敬される

(悪かったこと)
・できる人だと見られているのが辛い
・仕事の依頼を断れない
・何をやっても満足感や達成感が得られない
・休む暇がない
・周囲の人にイライラする
・助けてと言えない
・完璧でいられないとストレスがたまる
・何だか孤立している
・学校や会社が楽しくない
・お前といると息苦しいと言われる
・友達がいない

いかがでしょうか?明らかにデメリットの方が多いことがわかるでしょう。

完璧主義者の方は、必要以上にがんばり完璧を目指し、その結果できてもできなくても大きなストレスを感じていることがわかると思います。

私のカウンセリングでは実際にクライアントさんが自覚しているストレスをいかに軽減していくかを一緒に考えていきます。

認知にスポットを当てた認知療法を行っていきます。

2-2 認知療法とは?

簡単に言えば、クライアントさんの物事の考え方をよい方向に修正していくものです。

例えば、あなたが100点満点中90点の答案をもらって帰ってきたとします。

A.100点ではなかった・・努力が足りなかったんだ。

もっとがんばらなければ満点は取れない。2問も間違っている!

B.9割もとることができた。2問しか間違えなかった。俺は(私は)たくさんがんばった

あなたはどちらの気持ちが近いですか?

完璧主義者の方はAの気持ちに近いのではないでしょうか。

認知療法では、Bの考え方に近づけるようにカウンセリングを行います。

極論を言えば、8割でOKなんです。満点をすべて取る必要はないのです。

私はカウンセリングの中で、「明日できることは明日にしましょう。今日中に明日のことをする必要はありません」とお話しするようにしています。

これこそが、8割でOK。いい塩梅な人生なんですね。

完璧主義者の方は、今日しなくてもよい先のことまでしてしまう傾向があります。

そうすると、もっと先のことをしなければ落ち着かず、もっともっとと頑張り過ぎてしまうんですね。

納期の2つに前に納品する必要はないんですよ。

納期を遅れては困りますが、納品日当日に仕上がれば問題ないんです。

何事もほどほどを目指すことが、完璧主義を和らげうつ病などの心の問題に直結しないポイントだと言えます。

また、「できないことはできないと言いましょう」ともお話します。

人間は寝なければ生活していけません。できることもできないこともあるのが人間なんです。

クライアントさんが、サイボーグでない以上不得意なものがあるのは当然であり、すべてをスーパーヒーローのようにできるわけではありません。

クライアントさんが「できない」と言わない以上、周囲の人にはクライアントさんが「できない」ということを理解することはできません。

頼まれた以上寝ないで仕事をし、その出来具合に自分を責めるという悪循環は断ち切りましょう。

「できない」ことがあるのが人間なんです。少しも恥ずかしいことではありません。

胸を張って「できません」と訴えて下さい。

完璧主義とうつ病克服の話はいかがでしたか。うつに負けない心を作るヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ