前に進める大人の勉強法♪

子供の頃は素直に言うことを聞いて、実践してきたような気がするけど、大人になってからなにか考えが凝り固まってしまった気がする。なんて思ったりすることはありませんか?では、いったいどんな勉強法がいいのかというと…


おはようございます。
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

自信確立セミナー面白かったですね。
参加者の方のアンケートを読ませて頂いて、
いろいろなモノを一人ひとり持ち帰られたのかなと思いました。

セミナーの日にお話をさせて頂いた方でこういうことを
仰られた方がいらっしゃいました。

「橘先生の凄さってあそこまで
しっかりとしたモノを本気で思えるところですよね。」

なるほど、なるほど、
それを気付けたあなた様は通だと思います(笑)

でも、実際そうだと思います。
(橘の人に言われたことを純粋に吸収する能力は驚異的です(笑))

そして兼田の素直さメルマガを良く読まれているなと(笑)

この方は本当に自分を変えるために学ぼうとされている。

そして今回のセミナーを(CD講座でも)
最大限に活かせる人もそういう人だと思います。
(そういう人は1年後相当変わっていますよ^^)

ちょっとセミナーついでに私のオススメの大人の勉強法
についてお話をしたいと思います。

成功する勉強法は知識より行動がベースにある

まず大切にすべきは知識か行動かというお話があります。

1995年から急速にインターネットが普及して、
もう20年近く立っています。

そして情報というのはいろいろなところからアクセスできて、
一般の人でも調べたり見たりすることができるようになりました。

そこで思うことは、この情報化社会において、
知っているか知らないかというよりも
その情報をいかにクリエイティブに利用することができるか、
そして、それができるか、できないかということの方が
ずっと価値を持つという事を凄く感じています。

橘心理サロンのセミナーが体験型を重視しているのは
実はそういうところにあります^^
(もちろんそれでも完璧ではありませんが、
少しでも皆さんの変化の可能性を上げるためにはその方が良いと思っております^^)

知ってるか知らないかより、それが出来るか出来ないか

そしてこれは私がやっている、この原理を利用した、
教材とかセミナーとかを学ぶときの秘訣なんですけれど、
(かなりオススメです☆)

—–

○多くの方は、セミナー(教材)でそれを知っているか、知らないかに集中をします。
ですが、私は先生が言っていることで今の自分が出来ていない事を探し、それが出来る事に集中します。

—–

例えば、私の場合はセミナーとか受けた場合、周りは皆、

「これ知ってるー、これ知らなーい」

とかやってるわけですが、

私は

「これとこれは出来ていないな、だからこれをtodo(やること)リスト化しよう」

という感じに、自分が出来ていないことを出来る事にすることに
フォーカスしてしまうんですね。

または先生がコレやったほうがいいよみたいなことを
todoリスト化する場合もあります。

そしてそれを1年ぐらいルーティンでやっていれば
知らないうちに出来るようになっています。

もちろん知識ベースの学び方でも得るものも有るかもしれませんが、
この情報化社会の前提を考えると、行動ベースな勉強法の方が
価値が高いと思います♪

だから先程の質問、

>「橘先生の凄さってあそこまで
>しっかりとしたモノを本気で思えるところですよね。」

ってまさに、
自分が出来ない事を出来る事にするための最初の気づきだと思ったのです♪
(まさに行動ベース♪)

そして、この方の素直さに感銘を覚えました☆

本当先週のセミナーは良かったです。
懇親会も8割以上の方が参加してくださいました。

またセミナーが出来たらいいなと思います♪

それでは今日も一日張り切っていきましょう♪

◎本気で自分を変えたい方はこちらから

http://makeyousmile.info/ltlp/

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ