生きづらい完璧主義な性格を克服する方法は?

完璧主義な性格、悪いことではないのですが、そのせいで生きづらいと感じてしまうこともあるかもしれません。もちろん克服していく方法、考え方があります。まず、完璧である必要はないんですよ。


こんにちは。心理カウンセラーのサラです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

完璧主義は何も悪いことばかりではありません。

あなたを仕事ができる人だと評価する人も多いでしょう。

その一方で、周囲の人たちと軋轢を生みやすいのも事実なのです。

あなたが、生きづらいと感じるのであれば、やはり肩の力を抜いたほうがよいのかも知れませんね。

ここでは、その克服法を考えてみましょう。

1.七割でOKだと妥協しましょう。

学校のテストであれば、100点、90点・・・と点数に結果がすぐに出ていました。

完璧主義者のあなたは、常に100点を目指し実際に結果を出していたのではないでしょうか。

しかし、社会に出ると数字で明確に表記されていることはめっきり減ってきます。

あなたの100点が他人の100点だとは限らないことが多くなってくるのです。

自分の中で納得できないならまだしも、相手に100点を求めると人間関係につまずいてしまうことが多くなってしまいます。

実際は、100点を取らなくても70点でOKだという場面が多くなってくるのが会社なのです。

例えば、売上目標がありますよね。

もちろん、目標なので達成するに越したことはありませんが、できなかった場合、あなたは同僚を責めてしまうのではないでしょうか。

自分はできているのに他の人は・・という具合に。

もしくは、自分がノルマに達成できなかった場合、自分のせいだと自分を責めてしまうのではないでしょうか?

でも、目標は少し高めに設定されていることが多いのです。

達成できなくても七割でOK、超えれば万々歳!これが、七割でOKということなのですね。

世の中は完璧にできて回っている場合ではないということをまず、肝に命じておきましょう。

2.完璧である必要はないことを知りましょう。

あなたは、人間ですよね。神様や仏様でない以上、完璧である必要はないのです。

あなたが完璧を目指そうとしているのは、なぜでしょうか?

1番になりたいからでしょうか?

現実の社会において、1番になれるのはほんの一握りの人です。

また、何を持って1番というのでしょうか、1番になるのは本当に幸せなことなのでしょうか?

1番は常に入れ替わっているものです。

オリンピックの記録も企業の売り上げもそうですね。常に1番でいるのは不可能なのです。

そう考えると何も完璧である必要はない気がしませんか?

完璧である結果に囚われるのではなく、自分が何をすればよいのか、何ができるのかを考えるようにしましょう。

3.他人はあなたではない。

友達はあなたではないし、あなたは友達ではありません。

あなたの考えや思いが友達に100%届くわけでもないし、その逆も言えます。

他人である以上、すべてを理解し合うことは不可能だと思いませんか。

あなたが友人に「何でわからないの?どうしてできないの?」と思うことをぶつけてしまうと、軋轢を生むのはそこに原因があるのです。

あなたの考えを100%わかってもらおうと自分の考えを押し付けるのではなく、友人の考えも聞いてみませんか?

もちろん、話し合うことは必要ですよ。でも、話し合いは勝ち負けではありません。

色々な考えがあることを知る場なのです。

あなたを認めるように、友人の考えも認める。

それが、生きやすくする第一歩になるのです。

4.完璧にできなくてもあなたが悪いわけではない

完璧主義者のあなたは、自分の理想とする自分になれなかった時点で非常に自虐的になることがあります。

自分はダメな人間だと自分を責め、時として自分の大事な人にあたり散らしてしまうことも・・

完璧にできなかったことで何か大きな不利益を受けましたか?

完璧主義のあなたには、できなかったこと自体が大きな不利益かもしれません。

でも、あなたは今ここにいますよね。いなくなったりしていませんよね。

それならいいじゃないですか。

今回、納得のいく結果が出なかったにしても、次があります。

次にベストを尽くせばよいではないですか?

世の中は、ほとんどの失敗とほんの少しの成功で回っているんです。

完璧にできなくても、自分自身を責めなければいけない理由はありません。

必要以上に自分を責めることはやめましょうね。

今までずっと完璧を目指して生きてきたのに、その考えを捨てなさいというのはとても難しいことは、私にもわかっています。

ですが、走り続けていればいつかは倒れてしまいます。

50mを全力疾走するスピードで1キロは走ることができませんよね。

生きづらいと感じた今こそ、あなたを変えるチャンスなのです。

あなたも私も人間です。常に気を張っては生きていくことはできません。

あなたが何でもできるスーパーマンである必要はないのです。

ヒーローだって、泣きもするし、うまくいかない自分にいらだつこともあります。

ヒーローでさえ、すべてを完璧にこなすことはできないのです。

それなら、人間の私やあなたはうまくいかないことがあるのが、当然だと思いませんか?

まずは、肩の力を抜きましょう。

できそうにないことはできない、助けて欲しい時は助けて、手伝って欲しい時は手伝ってと言ってみましょう。

完璧主義者のあなたは、自分の弱さを認めることが克服する第一歩になりますよ。

完璧主義を克服する方法についての話はいかがでしたか。完璧主義を手放すためのヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ