対人恐怖症を克服し、新しい人生へ。

コミュニケーションや人間関係にお悩みの方は本当に本当に多いんです。 大切な人がほしい、心を許せる人がほしい。そんな願いは誰にだってあるものです。 今回は対人恐怖症を一歩一歩克服されている方のお話を紹介します。


あけましておめでとうございます♪
橘心理SALONの兼田です!

お客様とお電話でお話する際に、
「男性かと思っていました!」というお声を
ちらほらいただく兼田です(笑)

さて、今日ご紹介するお便りは
対人恐怖症を一歩一歩克服されている方のお便りです。

コミュニケーションにお悩みの方は
本当に本当に多いんです!

大切な人がほしい、心を許せる人がほしい。
そんな願いは誰にだってあるものです。

だからこそ、やっぱり悩んでしまいますよね。

今回はそんなコミュニケーションについての
お話です^^

ではサルさんからのお便りをご紹介しましょう。

職を辞めては繰り返す人生は卒業したい

対人恐怖症を克服

(↑実際のお手紙はこちら)

対人緊張が楽になりましたが、まだ人に
近付こうとしないクセが少し残っています。
人と話をしている途中で、会話を終わりに
したくなってしまうのです。

でも、本心はもっとわかりあいたい、
さみしいのです。

昔(子供の頃)は友達が多く、皆が大好きでした。

何>がきっかけなのかは思い出せないのですが、
傷つき、人を避けるようになり、

高校生の時は”冷たい”
大学生の時は”つきあいが悪い”

と友達に言われてしまいました。

でも、昔のように、それ以上に自分やまわり
の人をもっと好きになりたいです。

橘先生のオフィスに職をすぐにやめてを
繰り返している方のお話は自分にも当て
はまり、ドキっとしました。

もう、そういう人生は終わりにしたい。
これっきりにしたいものです。

—————————

(↑実際のお手紙はこちらから)

サルさん、決意ともいえる素敵なお便りを
ありがとうございます♪

コミュニケーションって難しい!

誰とも会わず、誰とも関わらずに生きていく
ことなんて不可能なのに…なかなかうまく
いかないもどかしさ。

勝手な妄想ばかりが頭を巡っていませんか?

怒らせたらどうしよう…
つまらないやつって思われないかな?
こうしなきゃ嫌われてしまうんじゃ…?
ああ、きっと今の言葉悪い印象を与えた!
きっと嫌われているに違いない…

嫌われたくない。好かれたい。

だからこそついつい不安になってしまう…
勝手に相手の気持ちを想像して、
そして、怖い→緊張→失敗という方程式ができ
あがってしまうんですね。

そうなんです…。
どうにも人って悪い方向に考えやすいです!

完全にマイナスしか考えられない脳になってる
ってこともありますが、

良い方に考えたり期待すると、それが覆された
時のショックが大きいから防御していることも
ないでしょうか?

少しでもショックを減らそう、自分が傷つくのを
抑えようと先手を打っている状態。

自分を守るために必要なものなのかもしれません。

ただ、この防御反応が強すぎると、自分を守ること
に必死になってしまって、どこまでいっても人を
信用することができなくなってしまうんです…

傷ついた経験があるとなおさらですよね。

対人恐怖症のトラウマの癒やしを少しずつ行なっていこう

でも、本当は信頼しあえる関係を誰かと築きたい
と思っているはず!

自分を守ること。
それはもちろん悪いことじゃないんですよ^^

けれどただひたすらに自分を守って、その場で
防御態勢を取っているだけでは、
やっぱり人に近づいていくこともできないし、
人も近づきずらいんですよね。

あなたがまず信じなくちゃ人も信じてくれません。

あなたの心の中のお家にお邪魔したくても、
勝手には入りずらいんです。
上がっていいよと受け入れてくれないと。

だから、頭の中で勝手に展開されるマイナスな
考えに引っ張られずに、
『仲よくしたいんだ。友達になりたいんだ』
という大切な気持ちをしっかりと思い出して
向き合ってみてください。

本来の望みをマイナスで消してしまわないように
しっかりと守ってあげてください。

そしていつかあなたの隣にいる大切な誰かと
「昔はこんなこと思ってたんだ」と笑い話に
できたらいいですね^^

そんな未来を思い描いて、今年もそこへ向かって
失敗しながらも進んでいきましょう♪

対人恐怖症を克服し、新しい人生を切り拓くヒントをもっと学びたい方はこちらから無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ