自分嫌い、から自分を好きになるためには

自分のことを好きになれない、嫌いだという方は多くいます。それでも自分を好きになれる方法があるんです。これから先の人生を考えた時自分を好きになれると様々な可能性も見えてきます。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて、私達の心も照る日、曇る日ありますよね

毎日晴れ晴れとしていられればいいのですが、そうは言ってもなかなか難しいものです。

では心がどんよりしちゃってる時はどうしたらいいのか

今回はそんな場面での私ながらの対処法をお伝えします

〇今の自分の心情を確認する

以前にも書いたことがありますが、まずは何より「心との対話」をしていくことです。

私の場合は「こころちゃん」と呼んでいます

こころちゃんどうしたの?何かあった?

まず聞きます。

「〇〇なことがあって辛いんだ」とか「何か不安なんだ」といったストレートな感情、そういったものが返ってくるので

「そっか辛かったんだね。気付いてあげられなくてごめんね」

そしてそれを認め、受け入れるんです。

「そんな気持ちを持ってもいいんだ。私は大丈夫、そんな私オッケー」

マイナスの感情を敵として見るのではなく、味方として見てあげて、最後には抱きしめてあげる

「教えてくれて、会いに来てくれてありがとう」

私も初めて実践したときはイマイチ実感が湧きにくかったのですが、何度かやってみると、胸がほわっとしてくるような感覚になって落ち着いてきたんですね。

私はこれらを勝手に「自分OKワーク」と名付けています

昔、仕事を転々としていたころ

私はすぐに「自分はどうせダメなんだ」「自分にできるはずがない」

なんて自分に自信がなく、ただハァ…と溜息だして落ち込んだり

「どうして自分はこんなにも不器用で仕事ができないんだろう」と自己嫌悪したりの繰り返しで、自分を許せなかったりしたんですね。

そして解決方法を知らないからひたすら落ち込む一方でした。

でもこういった学びに出会って、実践していくことでそう考えることを手放せていきました。

どれだけ楽になったことか

〇完璧主義を手放す

特にマジメな方に多いと聞くのですが

仕事をちゃんとやらなきゃ、ミスのないようにやらなきゃと、強く考えている方ほど完璧主義の傾向が強いといいます。

いざミスしたときに、落ち込みの反動が大きく、それがきっかけとなって心を崩される方も少なくありません。

私の知人にも凄く真面目でしっかり者の方がおり、まさにそれで一時期ひどく心を崩しました。

そんな時にこの自分OKワークを伝えてあげて、実践してもらったら元気になってくれたんですね。

ぜひ落ち込んでる時や、不安を抱えている時はこんな自分OKワークをやってみてはいかがでしょうか

それえでは今回はここまでです。
今日も一日張り切ってまいりましょう^^

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ