人前での緊張、恐怖が治まってきた

人前で緊張する、恐怖を覚えコミュニケーションが上手にとれないという話を聞きます。いったいどうやっていけば克服できるのでしょうか。今回はそれを克服し始めている方の話をまじえてお伝えしていきます。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて、今回はCD講座を受講してくださっている会員さんから素敵なメールが届いたのでご紹介させていただきます。

今まで感じていた人への恐怖を克服し、自分の行動を大きく変えることが出来た方からのメールです

P.N ミケネコさんからのお便りです

———

閑の時期をいつもいつも、また何度でも、支え続けてくださり本当にありがとうございます。

おかげさまで、対人緊張、恐怖は今収まっています!。

嫌味やきつーい突っ込みを入れてくるやからには、まず「ありがとう」をいい、

思いつきの理由で「ほーんと、いつも心配してくれて私って愛されてるなぁ」などを後付けして背中ポンっ、キャッキャッと笑う。

すると相手が驚きすーっと引いてしまい、「こいつはバカだから攻撃が効かない」

と思うのか、それ以来あまり攻撃してこなくなりました。

そうなると私自身も不思議とその人を敵だとは認識しなくなり、「面白い人 →頭の回転が速いすごい人→素敵なひと?」

と今では昔抱いてた「怖い人、意地悪で陰険な人」というマイナス評価から180度変わりプラス評価を

しているんです(@_@;)昔、私に「もっとバカになったらいいよ」とか「肩の力を抜け」とか言ってくれた先輩がいます。

その時にはどういうことなのか意味がさっぱりわかりませんでした。

そんな私でしたが今では「おバカは本当に最強だ!」と心から苦しんでいる仲間に叫びたいです。

先生どうぞこれからも宜しくお願いします。

———

〇感謝ができると感じ方が変わる

ミケネコさん、素敵なメールをありがとうございました

嫌味やきついツッコミに対して「ありがとう」を言う

まずこれが何よりも素晴らしいですね

自分を思って言ってくれてるんだという感謝の気持ちを持てるようになると

本当に大きな変化を感じると私も思います。

もっとバカになる、肩の力を抜けというアドバイスをくれた先輩がいたとのことですが

ここも大事なポイントなんですよね

実際に悩んで苦しんでいる最中だと、このアドバイスってちょっと響きにくかったり

どういうこと?って思っちゃうこともあると思います。

〇心のブレーキを外す

でも今まで持っていた自分ルール、

本当はそんなこと考えなくてもいいよね?というようなルールを手放して

あ、そっか。なーんだこんなことだったんだー

というように気づいていけると本当に気持ちがスッと軽くなるような体験を私もしたことがあります

いい意味でおバカになるというのは良いことだと思います。

ありがとう、ごめんなさい、許します

この単純なんだけど最強の言葉を、はっきり言えるようになると

人との関係、コミュニケーションというものは変わってくると思っています。

ぜひそんな気持ちを持って人と接することを皆さんにもしていただきたいなと思います

それでは今回はここまでです

今日も素敵な一日になりますように^^

緊張や恐怖を手放していけた方の話はいかがでしたか。自分の中の心のブレーキを解除したいという方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ