冷めきった夫婦関係を修復するためにはどうしたら良いでしょうか?

冷めきった夫婦関係…慣れすぎてしまった生活など色々理由はあったかもしれません。でもちょっとしたことから修復していけます。1日10分から始められるチャレンジなどをお伝えしていきます


こんにちは、心理カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

夫婦関係が冷めきってしまっている…結婚してしばらく経つと、こういった悩みをよく耳にするものです。

付き合っていたころは電話の着信表示だけで舞い上がってしまったりドキドキしてしまったり、とっても楽しい時間でしたよね。

しかし、いざ結婚してからしばらく経つとどうしてこんなに冷めきった夫婦関係になってしまうのでしょうか?

毎日一緒にいる生活となると、やはり「慣れ」が生じてきます。

最初はデートをしていても自分の身だしなみなどが気になって気になって、何度もメイクを直しに行ったりしませんでしたか?

しかし、恋人としての時間を長く過ごしていくとすっぴんを見せるようになってきたり、言葉遣いひとつとってもちょっと汚くなってしまったりとか、慣れによってだんだん隠していた本来の自分が浮き彫りになってきます。

さらに結婚して毎日一緒にいるようになると、そのスピードもアップ。付き合っていたころは週に1度会う程度だったからよかったけど、いざ結婚するとこんな感じだったの?と、そのギャップに驚いてしまうことも少なくありません。

そんな慣れが夫婦お互いに積み重なってしまい、気づけばあのドキドキしていた気持ちはどこへやら…?ということになってしまうんですね。

〇会話はとても大切

さて、冷めきった夫婦関係…とのことですが、冷めきってしまう前にその予兆はあったのではないでしょうか。

たとえば、仕事が忙しくて夫の帰りがだんだん遅くなってしまった、帰ってきても自分も疲れて眠ってしまっていた、顔を合わせる時間がなくなっていった…などです。

顔を合わせる時間がないということは絶対的に会話量も減っていってしまいますよね。

私たち人間というのは誰かと話をしないと精神を保っていられないといいます。

生まれた赤ちゃんにいっさい話しかけたりせず、ただおむつを替えてミルクを与えるだけ…という生活をさせた場合、赤ちゃんは死んでしまったという恐ろしい実験もあったんだとか。

ですから、それだけ人と人との会話というのは大切なものだということなんですね。

赤ちゃんだけでなく、大人でもそうです。

誰かと話をしなければ自分の中にとても大切なことはもちろん、お昼に何食べた~というちょっとどうでもいいことまで、どんどん溜まっていってしまいます。

それがしまいには爆発してしまいます。

あなたは果たして、夫婦関係が冷めきってしまうという前にしっかり夫と会話をしていたでしょうか?

冷めきってしまったにもかかわらず夫婦として一緒にい続ける…これって、仮面夫婦ですよね。もちろん、仮面夫婦になりたくてなったわけではないと思います。でもとても寂しい響きですよね…。

前述にもありましたが、夫婦としての会話をしていたかどうかに加えて、喧嘩や話し合いをしたときにきちんとお互いが納得して終わる…という形をとっていたでしょうか?

どちらか一方が「もういい!」と言ったりしていないでしょうか。

お互いの意見をぶつけあってより良い方向へと向かっていくための話し合いなのですから、気持ちが消化されずにモヤモヤしたまま終わってしまうというのは良くありません。

また、自分の気持ちだけを優先させていませんか?

相手の話をよくよく聞いていますか?聞いた話を理解してあげていますか?

自分の意見とすり合わせていますか?

…このように、誰かと一緒に生活をしていく上で大切なのは「話し合い」にあります。

話し合うことでトラブルも解決することができますし、トラブルが解決できればそれは達成感に変わる、達成感が得られれば夫婦としての信頼度も高まっていきますし、夫婦関係が冷めきってしまうということも避けられるのです。

言ってしまえば、夫婦関係が冷めきっている…ということはこれまでにじゅうぶんに話し合いをしていないということが言えるのではないでしょうか。

〇時間よりも回数

夫婦関係を修復するために「妻はいつでも笑顔!」ということをよく耳にしますが、それって難しいことの方が多いんですよね。

たとえば、お子さんがいたずらをしてしまったときは叱らなければなりませんし、育児・家事疲れでバタバタしてしまっているということもあるでしょう。

夫の晩酌に付き合っているヒマがあったら、自分の好きなドラマを見たり眠りたい!と思うかもしれませんが、

1日10分だけでも良いのでしっかりと夫に付き合ってみてください。

短時間でも、毎日しっかりと顔を合わせてほんの少しずつでも会話をするように心がけてみてください。

会話の内容は、正直なところどういったものでも大丈夫。

話すようなことがない…という方はお子さんのことでもかまいませんし、天気のことやニュースを見ながら話しのネタを探すのも良いでしょう。

最初は気まずかったりちょっと苦痛に思うということもあるかもしれませんが、毎日の会話を繰り返していくことによって、だんだんと会話量も増えてきます。

会話が続くようになると一緒に出掛けるチャンスがあったり、記念日や誕生日などで何かプレゼントがあったときにも格段に渡しやすくなりますよね。

夫婦関係というのは、そう簡単には崩れないもの。

倦怠期や慣れという言葉があるように、一時的なものだと思ってぜひ会話にトライしてみてくださいね。

冷めきった夫婦の関係を修復する方法についてはいかがでしたか。夫婦の問題を乗り越えるためのヒントがつまった話はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ