自分を変えたい時は、まず自分を知る。

今の自分は好きですか、それとも嫌いですか?もし嫌いだとしたら、何か理由があると思います。「自分を変えたい」そう考えたとき、いったいどうすればいいのか。変わるために必要になってくるもの、それはとっても身近な・・・


おはようございます。
橘心理SALONの兼田です!

今回もCD講座を受講してくださっている
方からのお便りをご紹介したいと思います♪

CD講座って基本編が12枚と応用編12枚
の計24枚ございますが…

今回は24枚目まで全てのCDをコンプリート
された方のメッセージでございます^^

そんな方のとっても正直なお便りを
皆さんとシェアしたいと思います♪

yukkiさんからのお便りです。

————————-

自分のビリーフの発見。

(↑実際のお手紙はこちら)

最後ですね…
2年間ありがとうございました。

50才を過ぎてまで、自分を変えようなんて
やめた方がいいと最初思いつつも学ぶうち、
大分変わる事が出来ました。

自分を良く知る事も出来ました。
「よい子でなくてはいけない」というビリーフ
を強く持っておりました。

小さい頃、誰かが自分に対して強く生きる方法
をたたき込んでくれたら良かったが…

でも学びの中で笑顔と挨拶をする事だけでも
変わりました。
生涯の習慣にします。

では、橘先生、お身体にお気を付け、これからも
沢山の人を元気にしてくださいませ。

————————-

yukkiさん、こちらこそ2年間ありがとう
ございました!

笑顔と挨拶、人とのコミュニケーションには
大切なものたちですよね。
学びは一生ものですから、これからも習慣として
取り入れていて欲しいです~♪

自分を変えたいと思ったら、自分を知ること

yukkiさんのお手紙の中にもありますが、

やっぱり変わるために必要となるのは
『自分を知ること』です。

自分のことぐらいわかる!

って思いたいところですが、不思議な事に
自分のことって意外とわかっていなかったり
するんですよねえ。

自分が今当たり前だと思っていることの、
その当たり前の生まれた起源だとか、
好き、嫌いの理由、
わけもなく気持ちが沈んでしまった原因、
いつの間にか溜めこんでいるストレス…

改めて問われると

「あれ?なんでだろう???」

って思う事ってありませんか?

自分のことだからこそ、あまり深く考え
なかったり見えなくなっていることって
結構誰にでも多かれ少なかれあるものです^^

でも、変わるためには、
まずはこの『なんでだろう』というところ
から突き詰めていって現状を知ってみなくちゃ、
何をどう変えたらいいのかってわからないはず。

だから自分を変えるためには、まずは改めて自分と
しっかりと向き合う時間というのが必要です。

自分と向き合うと新しい道がひらける

忙しい毎日…

自分を振り返っている余裕なんてないって思う方も
いるのかもしれませんが、

だけど電車での移動中、
お皿洗いしながら、
お風呂に入ってるとき、
眠りにつく穏やかな時間。

そんなちょっとした時間にでも、ふと今日あった
ことやその時の感情や思いを分析してみるのも
たまにはいいんじゃないでしょうか?

ただ、あんまり考え込みすぎて現状を忘れて
電車を乗り過ごしてしまったりしないように気を
付けてくださいね(笑)

自分のことが誰よりもわかるのは、
本来は自分のはずです。

今自分に見えなくなっているものはないか、
時々でもいいから探してみてくださいね。

前向きに前向きにって、もちろん前だけを見据える
気持ちもすごく素敵ではあるんですが、
ただ、これからのためにあえて振り返ってみること
も必要だったりするんです。

ふと物思いにふける。

そんな時間を大切にしてくださいね^^

自分を変える方法の記事はいかがでしたか?もっと自分を変えるヒントを欲しい方はこちらから無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ