愛着障害の自分でするための診断基準を教えてください

愛着障害の診断基準とは何か?小さい頃に原因ができて、それを大人になっても引きずっていることが往々にしてあるんですね。いったいそれはどういうことか?詳しい判断は担当のお医者様にしてらもうことにして参考情報として活用ください。


<編集者注:今回の記事はあくまで参考情報としてご活用下さい。詳しい判断は担当のお医者様に相談してください。>

こんにちは、心理カウンセラーの松です。

あなたはどんな悩みをお持ちですか?毎日仕事や恋愛で悩んでいる方は沢山いますよね。

そんな方達の、少しでも心の負担が軽くなるお手伝いをできればと思っています。

仕事の上下関係でつまずく、恋人となかなかうまく続かない、そんな人間関係で悩んでいる人、その悩みの原因は、心の奥底に持ち続けている“不安”のせいかもしれません。

子供の頃に両親と離れて暮らしたり、もしくは虐待やネグレクトを受けて育った場合、「愛着障害」と呼ばれる障害に発展しやすくなります。

成人してからの心の不調、考え方や人間関係において、この愛着障害を持っている人は誰もが苦しみ、アダルトチルドレンや鬱病といった状態に悩まされる事が多いのです。

この愛着障害とはいったいどのような症状を言うのでしょうか。

また、その診断基準についてご紹介しましょう。

〇幼児に現れる愛着障害の症状とは

愛着障害の幼児には、特徴的な症状があります。

まず、このような症状がある場合は愛着障害を疑っても良いかもしれません。

・他人と目を合わさない
・いつも無表情が多い
・抱っこを嫌がる
・大人が関わろうとするのを拒否する
・保護者が消えて、1人ぼっちになっても気にしない
・どうしようもないほど悲しそうに泣く
・喃語や声を出さない
・親や保護者を目で追わない
・友達との遊びやおもちゃ遊びにあまり興味を示さない
・ユラユラ身体をゆすったり、1人でいつまでも同じ行動をとったりする
・誰にでもついていく

愛着の関係は、生まれてから1歳半くらい、せいぜい3歳までの間にしっかりと特定の養育者に育てられる事がベストです。

この時期に愛着が形成されなかった場合、今後の長い人生、誰との関係においても安定した信頼できる人間関係を築くのが難しくなってしまうのです。

現在は0歳児保育が当たり前になっています。

生まれてすぐに赤ちゃんを保育所に預けて働くお母さんは多いでしょう。

経済事情が許さないのであればそれは仕方ありませんが、できるだけ3歳まではしっかりとスキンシップを取る事が重要です。

目を見て話しかける、泣いていたらおむつを替えてあげる、ぐずり泣きしたら背中を優しくとんとんしてあげる、そんな母親との毎日のスキンシップは、赤ちゃんの脳みそに“心地良い感情”としてぐんぐんインプットされて蓄積していきます。

これが後の人間関係の全ての基礎になります。この2年間は本当に人としての成長に欠かせない時期なのです。

〇思春期の子供の愛着障害とは

小学生から高校生といった思春期の子供にも顕著に愛着障害が現れます。

まずこのような場合は保護者は注意して下さい。

・親に従順で手がかからない
・自尊心が低く、モノやお金に依存する
・性的な問題も抱えやすい
・人前で違う自分を演じる
・他人と ほどよい距離が取れない
・ネガティブでストレスに弱い
・心や性格より、家柄や容姿、学歴に関心を示す
・計画性がない
・発達障害と診断されることもある

この他にも、自分の喜怒哀楽の感情が感じにくくなる失感情症や、空腹や発熱、身体の痛み等、体の声が聞けない失体感症を発症する事があります。

思春期の子供は特に精神的に不安定なので、 ひどい場合は境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害にまで発展する場合もあります。

〇大人の愛着障害の症状とは

それでは大人の場合はどうなのでしょうか。

大人になるとそれまでの長い生育歴や人間関係が複雑に絡み合うため、一概に同じ症状が出てもそれが愛着障害なのか判断しにくくなります。

まずはこのような症状には注意が必要です。

・人にばかり気を遣ってしまう
・素の自分を出すのが苦手
・内気で、友達が少ない
・スキンシップが苦手
・素直になれない
・好意を受け取れず意地を張ってしまう
・相手を信じられない
・恋愛が長続きしない
・相手に依存し、受けてもらえないと暴力をふるう
・思いやりが無い
・無気力で自信が持てない

これらの症状でいつも人間関係がうまくいかない時は、まずカウンセリングで相談してみると良いでしょう。

自分の心の不安はどこからくるのか、自分で知っておくと、それが思わぬ励みになって大成功する事もあります。

愛着障害は、何もデメリットだけが際立っているわけではありません。

不安や悲しみを原動力にしてクリエイティブな力を発揮したり、安全基地がないために大胆な行動に出て成功した有名人は大勢います。

生まれてすぐに里子に出された夏目漱石、生後母や乳母に愛されなかった太宰治、祖父母に育てられ、自らアダルトチルドレンと告白したビル・クリントン、我がままで歪んだ性格の母親に育てられたアーネスト・ヘミングウェイも愛着障害だったと言われています。

愛着障害だから人生失敗ばかり、と考えるのは間違っています。

この障害のおかげで大成した人もいれば、この障害に悩んで改善した人もいます。

愛着障害の良い所は必ず克服できる、またはプラスの力に変えられる点にあるのです。

自分の人生、うまく行かないと思ったときは自分の行動、考え、環境を変えてみるのも一つの方法です。

この診断基準に当てはまる場合、まずは自分の悩みがどこからやってくるのか、じっくりと自分で考えてみて下さい。

悩みの原因を探すということはとても大切なのです。

愛着障害だけではなく、不安だったり、コミュニケーションについても大切なことです。

今自分が、落ち込んでいるのは○○が原因だ。

ではどうしたらそれを乗り越えていけるかなと考えられるようになると解決が近づいてくるわけですね。

でもきっと心のどこかで言い訳が出てきちゃったりします。

そんな時助けになってくれるのが心の学びです。

自分の抱えている問題に対する答えを探していける力になってくれると思いますよ。

愛着障害の診断基準の話はいかがでしたか。心についての学びをもっとしたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ