離婚後の傷心から立ち直るための3つのポイントとは?

離婚をした…やはり何かと傷心してしまうものです。そんな状態から立ち直るための有効な手段がいくつかあります。だいたい知っていることかもしれません。ですが知っているだけと実際にやってみるでは効果が大きく違ってくるんですね


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

離婚、別れ…どんな別れ方であったとしても、心に大きな傷を残してしまうことには間違いありませんよね。

非常につらい別れをしたのならなおさらですが、失恋や離婚といった別れからみなさんはどのように立ち直っているのでしょうか?

もうだめだ、死んでしまいたいと思うほど傷ついて落ち込んでしまったとしても、時間がたつと多くの人が立ち直ることができて、その後新たなパートナーができるということも多いですよね。

では、離婚後の傷心から立ち直るためにどのようなことをすると良いのでしょうか?

1. 時間が解決してくれる

失恋をはじめ、なんらかの失敗をしたときなどによく言われる言葉ですよね。

これはあながち間違いではなく、たとえば近しい人が亡くなってしまったときなどにも言える言葉です。

こういったときには、誰のどんな言葉も耳に入らなくなってしまったり、深く傷ついてしまったことで心を閉ざしているということも。

そこで、時間が過ぎるのを待つことです。無駄な時間だという方もいると思いますが、そうは思いません。

ケガをしたら、時間が経たないと傷口はきれいにふさがりません。

傷口を縫ったり絆創膏を貼ったりすることによって傷をある程度ふさぐことはできますが、完全に修復したり、傷口を閉じるのはやはりある程度の時間が経ってからになりますよね。

失恋でついてしまった傷もそうです、時間が経たなければやはり傷口がきれいにふさがることはありません。

ゆっくりと体が治っていくように、心の傷も時間をかけてゆっくり治していけば良いのです。

早く立ち直らないと!と必要以上に焦ることはありません。

2. 気を紛らわせる

離婚したあとに残る悲しさや虚しさをすべてきっぱり忘れる!ということは非常に難しいもの。

考えまいとしてもやっぱり思い出してしまいますし、そのたびに暗い気持ちになってしまうということも考えられます。

しかし、そのたびそのたびにいちいち落ち込んでいてはなかなか先に進むことができません。

こういうときには、よく言われますがパーッといく!というのもひとつの手です。

友人と一緒に飲みに行ってみたり、わーっと騒いでみたり。

カラオケに行って思いっきり歌うというのもおススメ。

大きな声を出したり、友人とお酒を飲んで思い切り笑い合ったりすることによって、かなりのストレス解消につながります。

また、飲み会のあとにまた虚しさがやってくるんじゃないの?と思うかもしれませんが、大きな声を出したりしっかりと楽しんだことによって、気持ちが多少軽くなっているのではないでしょうか。

気を紛らわせるというのは、たとえば失恋したときなどによく言われる「旅に出る」ということも含まれます。

2~3日まるで知らない土地に行って純粋に旅を楽しむ。

心が洗われるような美しい風景を見たり、おいしいものをたらふく食べたりすることによってストレス解消に。

ひとりで旅をしてみるというのは非常に良い経験になるものです。

誰にペースを乱されることもなく、近所を歩くのとは違って自分を知る人もいない。

非常にリラックスした状態で純粋に旅を楽しむことができます。

意外とこういった機会を持とうとは思っても、なかなか難しいもの。

この傷心期間をちょっとした心の休暇だと思って、普段はできない旅をしてみたり、気心知れた友達と遊びに行くのも良いのでは。

3. 今までできなかったことにチャレンジする

離婚したことによってマイナスなことも多少あると思いますが、実は自分にとってプラスになったこともたくさんあるのではないでしょうか。

たとえば、離婚したことによって「できるようになったこと」があるという方もいらっしゃるでしょう。

たとえば、これまではパートナーの過度の束縛によってなかなか自分の好きなファッションを楽しむことができなかったとか、美容院にもなかなか行けなかったという方。

もう自分がしたいファッションを我慢することなく楽しめますし、美容院にも気兼ねなく行くことができます。

もちろん、お子さんをお持ちの方は美容院などもそう簡単ではないかと思いますが、キッズスペースのある美容院やカフェなども非常に多くなっていますから、気軽に利用することができます。

また、時間の制約や料理のこと、家事の量も減るということなど、普段の生活の中でのストレスも非常に少なくなると考えられます。

夫の好きな食べ物に合わせて料理をしていた…という方であれば、これからは自分の好きなもの(お子さんの好きなもの)を食べることができますし、家事をする時間が短くなれば必然的に自分の時間も増えますよね。

離婚することによって、このように意外とメリットも出てくるものなんですね。

そのほかにも、元パートナーとの思い出の詰まった携帯電話を変えるといったことや、経済的に余裕があるのなら家具や身の回りのものを一新させてしまうということもひとつの手です。

物に罪はないけれど、一緒に買いに行ったものや一緒に使ったものは、使っているうちに何かしら思い出してしまうということが考えられます。

そういったときに再び気持ちが沈んでしまわないように、できるだけ気を紛らわせることを考えておきましょう。

離婚後の傷心から立ち直るための方法についてはいかがでしたか。夫婦の問題で悩んでいて、なんとかしたいという方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ