離婚しないためにあなたが出来る3つの事

お互いが好きで幸せになるために結婚したはずなのに、気が付けば離婚なんてことも最近では珍しくありません。離婚しないために今あなたにできることがあります。ぜひこれを知って実践していただきたいと思います。


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

離婚をつきつけられているという方、離婚を考えているという方、離婚してしまったという方、離婚調停を起こされてしまったという方…離婚に関して、日々どこかで誰かが悩んでいるものです。

離婚をしてしまう夫婦は、今や3組に1組とも言われているほど多くなっていて、離婚しても「そうなんだ~」程度で済まされることも多くなってきたように思います。

さて、そんな離婚問題について。

結婚するときというのは誰もが「一生一緒にいようね」と誓い合って夫婦となるものですよね。

ですから、誰だって離婚することを想像して一緒になったわけではありません、とても悲しいことですが。

パートナーから離婚を言い渡されてしまった、自分が離婚することを考えてしまっているなど、離婚について何らかのことが頭の中によぎっている…というとき、離婚しないために何ができるのでしょうか?

いざ離婚の話が出てきてしまったとき、果たしてあなたは自分の力で思いとどまったり、相手を離婚から遠ざけることができると思いますか?

そんな悩みを持たないためにも、離婚しないために、離婚話を出させないためにも何ができるのでしょうか。

1.コミュニケーションをとる

まずは、恋人でも夫婦でも親子でも友人でも、とにかく誰かとの関係を築く上でもっとも欠かせないことが「話をする」です。

コミュニケーションを取るということですが、手っ取り早いのは話をすること。

もちろんもっとも効果があるのは会って直接話をするということですが、メールや電話、最近ならばLINEなどでもOK。

とにかく、接触する回数をもつということが大切なんです。

友人と飲みに行くことがよくあるという方、パートナーとも飲みに行くことはありますか?

友人とお酒を飲みながらおかしな話をして笑いあって、確かにそれはとてもおもしろいですしストレス発散にもなると思いますが、家で奥さんが待っていませんか?

そして、奥さんともそんな機会を作ったことがありますか?

もちろん、そうでなくても普段仕事から帰ったら会話をしているから大丈夫!という方もいると思います。

しかし、妻としてはちょっとした「特別」や「サプライズ」が嬉しいもの。

たまには奥さんとも飲みに行って、恋人同士のときを思い出す機会を作ってあげても良いのではないでしょうか。

こういったときはやはり話もはずみますし、楽しくなることで気持ちが盛り上がって、しばらく機嫌が良い…ということも考えられますよね。

そして、こういった特別な機会を作らなくても普段からコミュニケーションをしっかりと取っておくことです。

おはようなどのあいさつはもちろん、子どもに関する会話だけでなく、お互いのことに関する会話を積極的にしておきましょう。

よく、結婚してしばらく経つと子どもに関することしかしゃべらない…ということを聞きますが、夫婦でお互いのことを話すことで、お互いに興味を持つことにもつながります。

そうすると、自分の話を聞いてもらっているという安心感も生まれますし、ストレス発散にもつながりますね。

2.思いやりの心を持つ

離婚する夫婦や別れるカップルによくあるのが、「思いやりが持てなくなった」ということです。

よく言われることなのですが、コミュニケーションを取ること同様に非常に重要なことでもあります。

思いやりを持って接するというのは、具体的にはどういったことなんでしょうか?

思いやりを持つというのは「相手の立場に立って物事を考える」ということではないでしょうか。

自分が相手に対して「○○してあげたい」というのは、言ってしまえば一方的な押し付けになってしまいます。

しかし、相手がどういう気持ちでいるのかを考えることで「○○してほしいんだ」とある程度はわかるようになりますよね。

一方的な気持ちの押し付けではなく、相手の立場にたって「○○いる?」「○○しようか?」ということを先回りして聞けば、自分の株も上がるというものですね。

3.感謝の気持ちを持つ

夫婦喧嘩の中によくあるのが「俺は働いているんだからもっと感謝しろ!」とか、逆に「家をきれいにして育児もやってるんだから、感謝してほしいわ!」ということ。

確かに、誰だって自分のやっていることに対して褒められたり認められたりしたいものですよね。

子育てだってそうです、認めてあげたり褒めてあげることによって、子どもの長所はどんどん伸びていくものですよね。

大人になったって、これは変わらないことだと思います。いつでもパートナーに対して感謝の心を持っておきたいものですが、具体的にはどうしたら良いのでしょうか?

まずは「ありがとう」といった感謝の気持ちを、ただ心で思っているだけでなく言葉にして表すことを忘れずに。

どんなささいなことでも良いのです、リモコンを取ってくれた、ティッシュを取ってくれた、そんなことでもかまいません。

1日1回は相手に対してありがとうと言うことを心掛けてみてください。

ありがとうと言われて気分が落ち込むような人はいませんし、言った方も晴れやかになる魔法の言葉が、ありがとうなんです。

夫婦というのは何年も何十年も一緒に過ごしていくものですから、やはり感謝の心をもって、コミュニケーションを図りながら過ごしていくことが大切なんですね。

離婚しないためにあなたが出来ることの話はいかがでしたか。いつまでも最高のパートナー関係でいるための方法を知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ