離婚危機から夫婦仲を修復するための方法とは?

離婚の危機にあるという場合、なかなか人には相談しにくいかと思います。どうして危機になっているのか、この理由を探ってみる必要があります。そして修復するためには、ちょっとした工夫があるといいかもしれません。


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

正直なところ、離婚危機に瀕してしまっているという家庭は見えなくても非常に多いものです。

こういった問題はそれぞれの家庭で違いますし、非常にデリケートな問題もありますから、友人同士とはいってもなかなか突っ込んで聞くこともできませんよね。

それゆえに、自分で抱え込んで悩み、結局離婚してしまう…という方も少なくありません。

離婚危機を回避してなんとか夫婦仲を修復したいと考えている方、どのようにすれば良いのでしょうか…?

〇性格の不一致で離婚危機の場合

まず、どういった理由で離婚危機となってしまうのでしょうか。

これも各家庭でさまざまな事情があると思いますが、たとえばよく言われる性格の不一致。

夫が家事や育児をまったく手伝ってくれない、飲み会ばっかりで喧嘩になる…といった場合を見てみましょう。

夫が家事や育児を手伝ってくれないということですが、まず育児に関してはやはり父親としてどうしても関わってもらいたいものですよね。

将来のことも考えて、子どもとは良好な関係を保ってもらいたいもの。そのためには、お子さんが小さなときからしっかりと面倒を見てくれる、いわゆるイクメンパパであると嬉しいものです。

が、実際には子どものお世話はとっても大変なもの。

逐一おむつを変えたり、ごはんを食べさせるのも好き嫌いしたり、周囲が汚れてしまったり、ぐずったり。

もちろん大変ですし旦那さんにも手伝ってもらいたい!とは思いますが、まずはイクメンに仕立て上げるまでなんとかコントロールしていきましょう。

仕事で疲れて帰ってきたと思ったら、今度は子どもがぎゃーぎゃー泣いて家の中が騒がしく、なかなかくつろぐことができない…そんな環境を作っていませんか?

そんなときにイライラしながら「子どもの面倒くらい見てよ!」と文句を言われたら、なかなか帰宅しづらくなってしまうと思いませんか?

そこを少しだけ、ぐっと耐えて。

お子さんの機嫌が良いときに、ほんの5分でかまいませんので抱っこしてもらいましょう。

「回覧板回してくるから、その間だけちょっとだけ抱いててくれる?」

「ちょっと2階に上がってくるから、5分だけ遊んであげてくれる?」というふうに、できるだけ具体的に時間を告げるのがポイント。

「ちょっとみててね!」という言い方だと、「遊んであげる」ではなくて本当に「見てるだけ」ととらえてしまう旦那さんもいるものです。

お子さんの機嫌が比較的良いときであればぐずらず済みますし、たった5分でも毎日触れ合う機会を持ってもらうだけでお子さんと旦那さんとの関係も大きくなっていきます。

そこに「パパが抱っこすると機嫌いいねえ」なんて付け加えてみては。

また、家事についても同じことで、手伝ってほしいのであれば具体的な指示を出していくことが大切です。

家事は女性がするものというイメージが強いと思いますが、そのイメージも手伝って、旦那さんはどうやって家事をしていけば良いかなかなかわからないものです。

「ちょっとは家事手伝ってよ!」ではなく、「授乳があるから、お風呂掃除頼んでも良い?」とか「高いところの拭き掃除、届かないから手伝ってもらっても良い?」といった具合にですね。

〇何度言っても話を聞いてくれない場合

次は旦那さんが飲み会続きでイライラ…もう我慢できない、離婚だ!という場合。

イライラしてしまう気持ちもわかりますが、そこで飲み会続きによって家計がかなり圧迫されているということであれば、これくらいのお金がかかっていて、もうこれ以上は出すことができないからねと具体的な金額を見せましょう。

それでも話し合いをして変わらなければ、旦那さんの両親に相談するなど次の対策を考えましょう。

飲み会で家にいないことが多くてイライラする…という場合。

これは開き直ってラッキー!と思うようにしてみてはいかがでしょうか?

旦那さんがいるときといないときでは、やらなくてはならないことの量って違いませんか?

旦那さんがいないことによって夕飯を作らなくて良いからラク!と思うこともあるでしょうし、こういうときはいっそのこと自分の好きなペースで過ごしましょう。

旦那さんがいると夕飯も7時までに作らなきゃ!と子どもを見る間に焦って作る必要があると思いますが、旦那さんがいないのであれば自分の好きなときに自分の好きなメニューを作ることができますよね。

要は、考え方を変えてみることです。

相手の考え方を変えるのはとても難しいことですから、手っ取り早く自分の考え方を変えてみてください。

〇相手から離婚を切り出された場合

また、相手側から離婚したいということを言われてなんとか修復したい、離婚を回避したいということであれば、まずは感情的にならずに。

とにかく、受け身でいることに徹してください。一緒に○○したい、あなたと一緒にいたいということではなく、○○してあげたいという気持ちでいることが大切です。

離婚したいと言われてどうして?どうして?と感情的になって詰め寄ってしまったり、じゃあもう知らない!と家事放棄してしまうと、やはり相手もさらに離婚を進めていってしまいますし、とにかく落ち着いて相手と接していくことが大切です。

離婚危機から夫婦仲を修復するための方法についていかがでしたか。結婚生活の失敗から立ち直り最高のパートナー関係になれる秘訣を知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ