離婚する前に本当に良いのかチェックする3つの事

もうこの人無理、離婚する!そんな気持ちになることもあるかもしれません。ですがちょっと待ってください。離婚する前にチェックしてほしいポイントがあります。勢いで離婚届を叩きつける前にぜひ見ていただきたいと思います。


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

離婚…パートナーのいる多くの方が、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

離婚率はどんどん高くなっていて、今では母子家庭だとかバツイチがありふれたものになっていると言っても過言ではありませんよね。

そんな中でも、やはり離婚はできるだけ避けておきたいものだと思います。

ここで、離婚をする前に本当にこれで良いのか?と感じたときにチェックしておきたいことを見ていきましょう。

1. 離婚を考え始めてから、実行にうつすまでの期間が短い

その理由にもよりますが、離婚したほうが良いかも…と離婚を考え始めてからほんのわずかな間に「離婚しましょう」と離婚届を叩きつける。

これは、非常に後悔しやすいものです。

もちろん、激しいDVや巨額の借金などですぐに生活に支障が出てしまう…という場合は別ですが、たとえばささいな喧嘩から言い争いになってしまったとか、怒りに任せて余計なことを言ってしまったとか、それで引くに引けない状況になってしまったとか…

ともかく、離婚や結婚は「紙一枚の関係」だとは思わずに、お互いの両親など家族も関わっているということを理解しておきましょう。

また、怒りに任せて行動を起こしてしまうことによって、周りのことがなかなか見えづらくなってしまいます。

たとえば、子どものこと。夫のしたことに対して怒り沸騰で周りが見えなくて、突発的に子どもを連れて実家に帰ってしまうということ、よく聞きますよね。

これだと子どももいきなりのことでびっくりしてしまいますし、両親の不仲を感じ取ると非常に精神的に苦痛を与えてしまうことにもなります。

別居するにしても離婚するにしても、やはりじっくりと頭を冷やして考えてから行動に移すことが大切です。

2. 本当に修復できる手段はない?

離婚というと、よく言われるのはとてもパワーが必要だということ。

両親をはじめ親族への報告、友人への報告、法的な手続きのためにあちこち駆けずり回らないといけないということや、その間も精神的に気持ちが揺れ動いてしまったりと、思った以上に気力が必要となってしまうものです。

そんな労力を使ってまでこのヒトと別れたい!と思うのは、なぜでしょうか?

思い出してみてください、そもそもなぜパートナーとして一緒にいるようになったのかを。

恋人同士のときを思い出して、懐かしむことができたり、なんとなく温かくなるような気持ちになることができるでしょうか?

…そういった気持ちを思い出すことができるというのなら、まだまだ離婚しなくても済むはずではないでしょうか。

そこでほんの少しでも相手のことを思って、自分の悪かったところを省みることができるのであれば、それもまた大きな一歩だと思いませんか?

また、そういった気持ちの面以外のところでも修復できるすべはないでしょうか。

たとえば、どうしても生活に困るくらいのお給料しか稼いできてくれない…では、いっそのこと自分が働いてみるのはいかがでしょうか。

もちろん、そのお金をすべてギャンブルにつぎこんでしまうというのであれば別の話ですが…そうではなく、転職したばかりだとか、ボーナスがカットされてしまったとか、まじめに働いているにも関わらずお給料の額が低いという場合です。

今すぐ生活に困窮してしまうというくらいだと、やはり先が真っ暗…ということで不安になって離婚したくなるのも理解できます。

が、まじめに働いているということであれば考え方を変えてみてはどうでしょうか。

何事も、まじめにコツコツ取り組んでいくことがのちに大きな結果を残していきますよね、もちろん仕事でもそうです。

今はどうしてもお給料が低い…でも、数年すればお給料の額も大きくなったり、昇進することだってありますよね。

逆に、今たくさんお給料をいただいているとは言っても、いつどんなときに会社の状況が悪くなってしまうかということもわかりません。

何にせよ、相手を信じてあげること、その上で自分が行動すること。

これが「もうできません!」というお手上げ状態でないかぎり、離婚を思いとどまってみても良いのではないでしょうか。

3. 離婚したらラクだと思っている…

これも離婚を考えている理由によると思いますが、たとえばDVなどによって毎日暴行されていたということであれば、やはりそれがなくなるため精神的にも肉体的にもラクになると思います。

そうではなく、よくケンカをする・すれ違い、性格の不一致などによる理由での離婚であれば、離婚後はどうなると思いますか?

養育費などの取り決めはあると思いますが、やはりシングルマザー・シングルファーザーとして働いていかなければなりませんし、そのぶんお子さんと接する時間も少なくなってしまいます。

家事・育児はもちろん、これまで相手にちょっと子どもを見てもらって出かける…ということも一切できなくなります。

経済的な面ではもちろんですが、意外にも精神的な部分でもラクになれる…ということが少ない可能性もあるのです。

離婚は軽はずみにできるものではありません。

ですが、やはり離婚をすることによって心が解放されたり、良かったと思う人もたくさんいます。

人生の再スタートとして良い出発ができるかどうかは、自分自身をしっかりと見つめ直し、後悔なく離婚に踏み切れるかどうかにかかっていると言っても良いでしょう。

離婚する前にチェックしてほしい3つのことについてはいかがでしたか。幸せな夫婦生活を送るためのヒントを知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ