ウツになるとセルフネグレクトしてしまい家は荒れ放題。この状態から抜け出す方法とは?

家を片付けられず、ゴミ屋敷になってしまう。テレビでもたまにそういう方の特集をやっていたりしますね。一般的な見方をすればサボってるだけだろうと思われるかもしれませんが、最近ではセルフネグレクトが要因ではないのかと言われています。


こんにちは。心理カウンセラーの松です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

春は引っ越しのシーズン。要らないものはどんどん片付けたいですよね。

しかし、世の中には「片付けられない症候群」の人がいます。ゴミを捨てられない、整理整頓が出来ず、部屋の中はめちゃくちゃな状態の人たちです。

これは、以前は性格の問題、親のしつけの問題だと言われていました。

しかし最近では「セルフネグレクト」が要因では?と考えられています。

よくマスコミにも話題に上るゴミ屋敷、これはセルフネグレクトの典型的な事例です。

年間2万人と言われる孤立死の原因の8割は、セルフネグレクトが原因なのではという意見もあります。

一体セルフネグレクトとはどうして起こってしまうのでしょうか。

今回は、セルフネグレクトについて、考えてみましょう。

○うつ病とセルフネグレクト

セルフネグレクトとは、自分自身が自分の生活全般のやる気をなくしてしまう現象をいいます。

食事、入浴、仕事、といった日常生活の全てにおいてやる気をなくし、判断力も低下します。

そのため部屋は掃除をせずにゴミだらけ、お風呂にも入らず不衛生な環境になります。

病気になっても病院を受診する意欲もわかないために、ゆるやかな自殺、という見方もされています。

こうしてみると、セルフネグレクトはうつ病に非常に良く似ている事がわかります。

うつ病の人も、食欲低下、やる気も起こらず1日中布団から出られない状態になる事が多く、社会生活に支障が来ます。

セルフネグレクトは、うつ病が原因、または併発する病気なのでしょうか。

○セルフネグレクトの原因

セルフネグレクトの原因は、大きく分ける3つに分けられます。

1:病気
高齢による認知症、精神疾患、アルコール問題などによる認知・判断力の低下などで、セルフネグレクトになりやすくなります。

これは本人だけでは解決できません。適切な医療を受け、施設入所などを検討しながら解決方法を探る必要があります。

2:家族、人間関係

家族の崩壊、引きこもり、対人関係のもつれなどからやる気が低下し、セルフネグレクトに発展する場合もあります。

これは問題がわかっていて、それが解決すれば、セルフネグレクトもなくなるはずです。

カウンセリングや、話し合いを中心にして解決策を見つけて行きましょう。

3:経済的問題

リストラ、親の離婚、会社の倒産など、いきなり経済状態が悪化した場合、セルフネグレクトが起こりやすくなります。

ショックでやる気がなくなり、生活のレベルも低下しますから、やむを得ません。

しかし、心の痛みは時間が解決してくれる場合もあります。

ショックから立ち直り、また再就職するなどにより、自然にセルフネグレクトから脱却できる場合もあります。

○セルフネグレクトの解決方法

セルフネグレクトは原因が分かったとしても、解決するまで時間がかかると言われています。

ゴミ屋敷は専門業者に頼めばすっきり綺麗に片付けられますが、心のケアをしない限り、また再びゴミ屋敷になってしまう可能性はとても高いのです。

まず、セルフネグレクトを解決したい場合、その人の話をよく聞いてあげる事です。

怒ったり、お説教しては逆効果。ひたすら話を聞いてあげましょう。

そして、本人の悩みを聞き出すのがコツです。

料理ができない、身体がかゆくてたまらないなど、具体的な悩みを聞き出して下さい。

そして、その悩みを解決する方法を考えてあげるのです。

ゴミを片付けるのは後回し。まずは本人の悩みを解決させる所から始めましょう。

○セルフネグレクトの課題

一番難しいのは人間関係でしょう。

病気やお金の問題は、病院や生活保護などで解決できますが、もつれてしまった人間関係は、なかなか修復できません。

孤立死する人にセルフネグレクトが多いのは、その辺りが原因なのでしょう。

セルフネグレクトの課題は、本人よりも周りの人間の協力や見守りが必要な事です。

セルフネグレクトにならないような声がけ、交流が大切です。

汚くされて迷惑だ、と不満をぶつけても解決できません。

本人も周りの人へSOSを発信しましょう。迷

惑をかけるから…と思っていては解決できません。

むしろ、ヘルプ!と声を上げる事でお互いが助かる事もある、と考えると良いでしょう。

セルフネグレクトにならないために

セルフネグレクトは他人事ではありません。ストレス社会と呼ばれる現在、うつ病などの精神的な病気になる人は増加しています。

ストレス、仕事の疲れ、不眠などが続けば誰でもうつ病になる可能性はあります。

十分な休息と睡眠。規則正しい生活習慣と食事は、病気にならない特効薬です。

そしてその上で、自分自身ががんじがらめになっているマイナスのパターンから抜け出す心の学びをしていくと良いでしょう。

頑張りすぎず、「まあ、いいか」と手を抜く事も大切です。

特にうつ病は責任感が強く、頑張る人の方がなりやすいと言われていますから、上手に息抜きする様に心がけましょう。

そして人間関係。家族とは上手く行かなくても、友人、恋人は自分次第で有効な関係が作れます。

むしろ家族はもういい、と割り切った方が、よけいなストレスを感じないかもしれません。

自分の人生の主人公は自分自身。他人や家族の思惑に惑わされず、自分の幸せを考えて行動するのも大切です。

いかがですか。

セルフネグレクトにならないためには、“自分を大切にする”、それが何よりも大切な事かもしれませんね。

セルフネグレクトについての話はいかがでしたか。本来の自分を取り戻すために必要なヒントがつまった話をもっと聞きたい方はこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ