ママ友とトラブルを回避するためにはどうしたらいい?

ママ友との付き合いというのは子供をもつ母親にとってついてくるものです。楽しい集まりでもありますが、何かとトラブルも起きやすい。そんな付き合いの中でトラブルを回避するために、どんな方法をとればいいのかお伝えしていきます。


こんにちは。心理カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

「ママ」という立場の人は、毎日周りの人にたくさん気を遣って生きているものですよね。

たとえば、パートナーである夫はもちろん、自分の子どもにも気を遣ったり、夫の親、自分の親、仕事をしている方であれば職場の方、そして、子どもがらみの「ママ友」です。

ママ友といえばその名の通り、子どもがいるという共通点を持つ友達。

学生時代の友人というわけではなく、ママという立場になってからの友達ですから、まだ付き合いは浅いということの方が多いのではないでしょうか?

そんなママ友ですが、イメージとしては子どもが幼稚園や小学校に行っている間に一緒にランチに行ったりだとか、一緒に買い物に行ったりだとか、休日は子どもも含めて家族ぐるみで遊びに行ったり…とっても楽しそうなこともたくさんあります。

しかし、実際にはママ友同士で何らかのトラブルになってしまったということも多いものです。

〇コミュニケーションが深くない

みなさんは学生時代の友達や親友などと、喧嘩などのトラブルに遭ったことはありますか?

こういったときのトラブルって、意外とすぐ解決して仲直りしているというパターンが多いと思います。

今では笑い話になっていて「あのときはお互いに若かったよね~」なんて言えることも。

しかし、ママ友同士で何らかのトラブルになってしまった場合には、そうはいかないことが多いんです。

ママ友というと、前述にもあったように子どもができてからの関係ですから、どうしても付き合いが浅いということがまず挙げられます。

学生のとき、クラスメイトで何年もそばにいて友達付き合いをしていた…というわけではありませんから、お互いの意思疎通が取りづらいことなどが大きな原因です。

次に、意思疎通が取りづらいということでもうひとつ、ママ友同士というとやはりお互いの時間が合いにくいということも。

家事育児の合間を縫って時間を作っても、お子さんが熱を出せば会えなくなってしまったり、疎遠になりやすいということも。

また、結果的にドタキャンになってしまうことでもトラブルが起こりやすいと言えますね。

お互いの旦那さんや家族の時間などもありますし、お子さんのお迎えの時間に立ち話…程度であると、やはりじゅうぶんなコミュニケーションが取りづらいということがあります。

〇無理してまで付き合わない

さて、そんなママ友とのトラブル。

よくあるのは、ランチによく誘われるけど本当は行きたくない…だとか、むこうの子どもがうちの子どもをいじめるからあまり会いたくない…といったトラブルがあります。

ランチによく誘われるけど内心は行きたくないと思っている方。

これはとっても多いんです。確かに毎週のようにランチに行っていると、ランチとはいえ経済的な負担にもなってきますし、正直なところ面倒だなと思ってしまっても無理はありません。

よっぽど社交的であちこちのランチを食べに行くのが好き…ということであれば別ですが、それよりも家の掃除がしたかったり、他の予定を入れたいと思うこともあるでしょう。

しかし、そういった気持ちで誘われるがままランチに臨むと、やはり態度や何らかのきっかけでトラブルになり得ることも。

かと言って断るのも悪いし…と思う場合は、3回に1度参加することです。

断るときの理由ですが、適当なものでかまわないんです(笑)

どんな理由で断ろう…と悩みに悩んで、とっても複雑な理由を考えて言うよりも、シンプルに体調不良だとか、家が散らかってるから片付けないととか、そんな理由でOKなんです。

また、女性同士ですから「ちょっと今日生理前なのか体がしんどくてね~」という断り方であれば月に一度は使えるというのもおススメ。

気が乗らないのに無理してママ友と付き合っていると、逆にストレスが溜まってしまいますし、いつかどこかで他のママ友に愚痴を言ってしまったときに、それが漏れてしまった方が恐ろしいものですから。

ママ友とトラブルにならないようにするためには、極力接触を避けた方が良いものです。

しかし、やはりお子さんがいる以上は子ども同士の付き合いというものもありますから、そうは言っていられないんですよね。

冒頭にもありましたが、ママという立場の人は周囲のいろいろな人に対してたくさん気を遣って生活しているものです。これは本当に素晴らしいこと。

ママ友とトラブルになったからと言って、お子さん同士の付き合いがある以上はすぐに縁を切るわけにはいきませんし、この関係を維持していくのもとても大変なこと。

だったら、トラブルが起こらないように自分にストレスを溜めないようにするのが良いのです。

ママ友関係でストレスなく過ごすことができれば、ランチや親睦会もいつの間にか楽しむことができるようになっているかもしれませんね。

ママ友=トラブルや怖いイメージがあると思いますが、あまりそういった先入観にとらわれたり、トラブルにびくびくして付き合うのではなく、ひとりの友達探し…といった気持ちでいれば良いのではないでしょうか。

ママ友とのトラブルを回避するための方法はいかがでしたか。自分の視野を広げるヒントがつまった話をもっと聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ