子供の心は自分の心の鏡

娘さんが心の病で苦しんでいることにたいして悩まれているお母様。この解決口はいったいどこにあるのか、実は子供の心が問題解決のヒントになっていました。そして二人に起こり始めた変化とは・・・


おはようございます!
橘心理SALONの兼田です。

さて、こうやって今記事を読んでくださって
いるあなたも、色んな事情があってここにたどり
着いたのでしょうね。。

じゃあ、心の病を抱え込んでしまう人って、
一体どういう人が多いんでしょう?

まずは素敵なメールからお届けします。。
みかんさんからのお便りです♪

娘と一緒に一歩ずつ解決しています

娘と一緒に問題を解決

(↑実際のお手紙はこちら)

いつもCDをありがとうございます。

私は娘の心の問題に悩んでいるうちに、
母としての自分の心にそもそも闇の部分があるから
ではないかと思うようになりました。

それで本気でそのことに向き合おうと決めて
インターネットでいろいろ検索していて、
たまたまCD講座を知ったのです。

初めから、同伴者が現れてくださったようで、
心強く明るい気分になったのを覚えています。

それでひとりで聞くのはとてももったいないので、
娘にも聞いてもらうようになりました。

娘は20歳なのですが、小さい頃の親子関係や、
両親が不仲であった時期の過大なストレスが
未だに影響を与えてきて、怒りや不安、
現実感がないことに苦しいのだと言います。

私は何度もあやまったり話し合いも繰り返しましたが
深いところではまだ解決できていないのかもしれません。

それでも、このCDを聞くのはとても大事にしている
ようです。

これまで忙しさにかまけて感謝の気持ちを伝えて
いませんでしたが、CDを聞いていると、
視野がぐんと広くされるように思います。

心から感謝しています!!

きっと良くなっていく、という予感がします。
どうぞ今後もよろしくお願いします!!

—————-

みかんさん、素敵なお便りをありがとうございます♪

ご自身と、そして心の問題で苦しむ娘さんと、
二人で一緒にCD講座に耳を傾けてくださっている
なんてすごーい!

心の学びを得ながら、なおかつコミュニケーション
ツールとしても利用していただけたらいいですね^^

みかんさんの娘さんは20歳になっても幼い頃の
心の傷により苦しんでらっしゃるそうです。

けれど子供の頃の心の傷や、もう何十年も前の
問題なんかがじりじりと心を蝕んでいって
忘れたころに突然姿を現すことがあります。

「えー!?今頃~!?」
ってな感じのお話はよく聴きます。

年齢は関係ない。自分のインナーチャイルドと向きあおう♪

ご相談でも結構耳にするのが、
「私はもう60歳すぎているのにねえ…」
「もういい歳なんですよ。なのにこんなでお恥ずかしい」
なんてお言葉。

年齢を重ねると様々な知識が身に付いていて、心だって
強くあるべきだ、強いだろう、なんてイメージが
あるのかもしれませんね。

けれど、心の問題は年齢なんて関係なくて、
何歳でもどんな人にでも起こりうる問題です。

(実際、CD講座も下は小学生から上は80代の方まで
幅広い年代の方に受講していただいておりますよ^^)

人生のうねうねした波があったとしたら、
その波がどの時期にマイナスに落ちちゃうかなんて
わからないですからね。

いつ何が起こるかなんてわからない。

そういうとなんだか恐ろしいような気持ちに
なっちゃいますかね?^^;

でもね、考えてもみてください。

ついついマイナスに波が傾く時を考えて恐れて
しまいがちですけど、
プラスにだって波は傾く時はあるんですよ?

逆にプラスにぐいーーんって上がっていくときも
あるのかと思うとちょっとうきうきしちゃうのは
私だけでしょうか?(笑)

「え?いついつ?いつ来るの?早く来ないかなあ♪」

マイナスな時も、ただ「怖い怖い」って恐れるのでは
なくて、来るってわかる以上は構えて待つ!

どんなものが来たって負けないぞ~!
だっていつかは必ずプラスにまた上がるはず♪

だからこそ、人生って楽しい☆

CD講座会員さんならご存知の方も多いでしょう
『ヒーローズ・ジャーニー』ですよね。^^

初めて聴く人は「えー?何?ヒーロー?はい?」みたいに
思うかもしれませんが(笑)
この考えを自分の人生に当てはめると、今までの出来事を
大きな視点で捉えることができるようになるから不思議。。

視点が変わると気持ちも変わります♪

もちろん心の学びにはヒーローズ・ジャーニーだけじゃなくて
色んな考え方、見方、捉え方などありますからね。

みかんさんも書いてくださってましたが
色んなことを知っていただいて、視野をぐんと広く!

そうすると本当に世界が違って見えてきます♪

みんなみんな、同じように波があって、
リスクを背負って生きているのかもしれません。
何歳だから、どんな仕事だから、どんな環境だから
なんて案外関係ないんです。

それぞれ違う。
だけどなんだかんだみーんな一緒。

「なんで私だけ…」
なんていう悲壮感は何にもいい方向に向かないですし、
「あらまたマイナスさん来たの?」
ってくらいの気持ちででっかく穏やかな気持ちを持てる
といいですね^^

何歳でもどんな時でも心の問題を抱えることは恥ずかしく
なんかないんです。
あなたが一日でも早くプラスへと向かえるように私達は
応援していますよ♪

子供の心と向き合って自分の心を強くしたい方はメルマガ登録!コチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ