引退して遊んで暮らしたいなぁ。の悲劇(笑)

遊んで暮らしたい。そんなことが可能ならばそうしたいと思う方は多いのではないでしょうか。仮に本当に億万長者だったとして、気を抜いてしまったりしていると、とある落とし穴がやはりあります。いったいどういうことかと言いますと…


おはようございます!
橘心理サロンの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね♪
配信が待ち遠しいというあなた!

本当にお目が高い!(笑)
ありがとうございます!(笑)

私達はいつまで学び続けなくてはいけないのか?

えっとですね、
今日のタイトルも意味不明なタイトルをつけさせていただきましたが、
よくCD講座会員さんからも、はたまた他のセミナーに言った時も
よく聞くご質問、

「ワード、エクセルがやっとできるようになりました。
そしたら今度はエバーノートやDropbox。
いつまでこういうのについていけばよいのでしょうか?」

「学びは大切なのはわかりました。
ですが、これっていつまで続ければ良いのですか?」

というご質問です。

いや~わかりますね。
私もかなりのハードワーカーだし、理念を持ってシッカリ働いていても、
人間ですから、
「引退してハワイかどこかで遊んで暮らしたい!」
なんていつも思ってます(笑)

でもね、コレに対して、
周りの人を見たり、自分の経験を元にして考えて出した答えは、
自分のコアとなる部分については、

「学び続けていた方が結局は楽である」

ということです。

というかね、学びを辞めると、
衰えるんですわ。

(もちろん、休憩・休日はすごく大切です)

自分が上手くやっていたこと、
優位性が発揮されていたところ、
そういうところをしばらく手を抜こうとすると、
鈍るというか、時代に感覚がついていかなくて、
人生が上手くいっていた状態に戻すのに、
すんごーく苦労する(笑)

だからね、要は学び続けていたほうが結局楽なんです。

要は人生って貯めておくことがあまりできないんですね。

長者番付の常連・斎藤一人さんが言っていたのですが、
「金持ちだからといって働かないで遊んでると、
悪いことが立て続けに起こる」
これって彼の理論と僕の理論では違うかもしれませんが、
一理あると思います。

お金持ちになった人って手を抜くことが結構あるんです。
保守的になるというかつまらなくなるというか。
そして新しく出てきたチャレンジの人に抜かれちゃって
そうやって世の中はうまく回ってるわけです(笑)

もっと身近のところだと、筋トレとか音楽のレッスンとか
考えるとわかると思います。

スポーツ選手とか音楽家とかいつも、
筋トレとかバイオリンのレッスンを毎日してたりするわけですが、
あれってすごいなぁと思うわけですが、
彼らにしたらその方が楽なんです。

だって一度衰えた筋力やセンスを
取り戻すのってすごーく大変なわけですから。

毎日やってるからそっちの方が楽。

もちろん、私達は斎藤一人さんみたいに億万長者や
スポーツ選手にならなくても全然いいわけですが、
人生の法則としてこの法則は
私達普通の人にも当てはまると思いますよ。

毎日がトレーニング♪だと思っていると楽しくなる

旅行や遊びというのは、
いつもしっかり働いているから楽しいわけで、
毎日夏休みだったら、
その休日にありがたみはないわけですよね。

そんな事を書きながら

「ハワイに行きた~い」

なんて思ってHISのサイトを見ようとしているわけですが(笑)、

まあ学びとかはずっと続けてた方が良いですよ。

もちろん休憩大切、休日大切です。
ハワイ行くのも大切です(笑)

でも、結局そっちのほうが楽だし、
学び続けるというのは楽しいですからね♪

特に20代の人とかは、20代で貰える給料なんてたかが知れてるわけですから
毎日がトレーニングだと思ってやってると給料もらうために働いているんだと
思うより楽しいと思います♪

そして、自分の能力を開花させたり、
表現できるようになったりするともっと人生は楽しくなりますね♪

学びをレベルを上げて人生の質を上げたい人のための無料メルマガ登録はこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ