自律神経失調症は完治するの?

自律神経失調症は完治するのでしょうかと不安を訴える方がいます。完治する可能性は高いと私は思っています。そのために必要なこと、知っておいていただきたいことを今回はお伝えさせて頂きます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、「自律神経失調症は完治するのでしょうか?」というお問い合わせに、ひとつの答えを提示したいと思います。

自律神経失調症は、薬を飲んで安静にすれば、数日で治る……といった種類の病気とは違います。

また、慢性的に、しかも色々な種類の不調が身体や精神を襲い、結果的に「いつもどこか調子が悪い」という状態を作り出してしまいますので、自律神経失調症にかかった人は、「これがいつか治る日が来るのだろうか……」と、非常な不安を抱くものなのです。

ただ、「自律神経失調症は治るの?」という疑問には、「完治する可能性は、非常に高いです!」とお答えしています。

心理の専門家からの適切な指導と、日常の生活習慣の改善。そのふたつがあれば、自律神経失調症は劇的に改善し、完治する可能性も非常に高いといえるのです。

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れてしまい、交感神経と、副交感神経とが、上手に切り替わらなくなった場合に起こるのです。

ですから、完治のためには、崩れてしまった自律神経のバランスを元に戻してあげなくてはなりません。

薬物療法という手段もありますが、自律神経失調症のために処方される薬は、自律神経失調症そのものを完治させるための薬ではありません。

精神のバランスを整えやすくするための薬であったり、イライラをやわらげる薬であったり、よく眠れるようにする薬であったりします。

いずれも、飲んでいれば治る、自律神経失調症の特効薬というわけではないのです。

インターネットの掲示板などを拝見していると、時折、こんな書き込みに出会います。

「不調があって、病院を受診したら、自律神経失調症と診断されました。処方された薬を、もう1ヶ月も飲んでいるのに、いっこうに改善がみられません。自律神経失調症って治るんでしょうか?」

非常にありがちな疑問なので、同じ穴にはまっている方がそれだけ多くいらっしゃるということでしょう。

これでは治るはずがありません。

1ヶ月しか治療に取り組んでおらず、しかも処方された薬を、ただしっかりと飲んでいれば、治ると思い込んでいるのです。

実際には、そうではありません。

自律神経失調症で処方される薬は、その人がイライラしやすいようなら、イライラを抑える薬。

眠れないようなら、眠りやすいように睡眠導入剤。

いわゆる、対症療法です。症状を和らげることによって、精神のバランスを保ちやすくするだけで、自律神経失調症を治してくれる薬というわけではないのです。

そこで、完治のために大切になるのが、心へのアプローチです。

心の専門家と二人三脚で、心身をリラックスさせる方法を身につけます。

これには複数の方法がありますが、5分あれば実行できるようなことを、毎日繰り返し行うと、「リラックスしたいときに、リラックスする」という能力を身につけることができます。

リラックスすべきときにリラックスする……なんて、心がなんともないときは簡単にできそうな気になりますが、実際にはそうではありません。

たとえば、寝る前にスマホで友達とコミュニケーションを長時間とったり、ゲームを楽しんだり、パソコンやテレビで深夜まで遊んでしまうという人は、たくさんいると思います。

日常的に適切なリラックスができている人は、そう多くはありませんし、それができないからこそ、自律神経失調症にかかるとも言えます。

自分に合った方法を知るためには、心の専門家への相談は不可欠です。正しいリラックスの方法を是非教えていただきましょう。

また、自律神経失調症を完治させた人はたくさんいますが、そのほとんどが完治までの間に、生活習慣の改善を行っています。遅寝遅起きの生活を、早寝早起きに切り替えたり、朝食を摂らなかったのを、食事やスムージーという形で摂るようにしたり……。

あるいは1日1食、偏食など、乱れていた食生活を改善した方も。

工夫とやり方は人それぞれですが、本来の人間という生き物が持っているリズムを重視し、自分の心と体を大切にすることが、生活習慣改善のカギなのです。

認識の違いを改める

こうして見てみますと、さきほどの、「1ヶ月も薬を飲んでいるのに治らない」という質問が、いかに見当違いのものなのかが、わかってくると思います。

この方は「1ヶ月も」と、だいぶ長い間薬を飲み続けているようなイメージでいらっしゃるようですが、自律神経失調症が1ヶ月で完治することは、まずないといって良いでしょう。

生活習慣の改善、適切なリラックス方法の習得、そして、症状に応じての薬。

すべてのサイクルが合致して、数ヶ月から数年の治療で、完治へ向って1歩1歩進むものです。

もしも、現在どこかの専門家について治療されている方で、「毎回、薬の処方はあるけれども、生活習慣や、リラックス方法へのアドバイスは一切ない」というようなことがあれば、少しその治療を見直してみると良いかもしれません。

カウンセリングや生活習慣の見直しだけで、投薬なしで完治する方も中にはいらっしゃいます。

自律神経失調症においては、投薬治療はあくまでもサブだということを、覚えておいていただきたいと思います。

自律神経失調症は完治する可能性が高いという話はいかがでしたか。自分を変えるためのヒントがつまった話を聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ