もしかして私は自律神経失調症かもしれない、チェックしてみよう

私は自律神経失調症かも?という質問、実は多くいただくんです。どこか具合が悪くて検査しても別に悪くないなんて言われることもあって、気付きにくいんですね。そこで今回はチェックシートをご紹介いたします。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今、さまざまな身体的な不調、あるいは心理的な不調を抱えている方の中には、自分が「自律神経失調症かもしれない……」という、ばくぜんとした不安を抱いている方も少なくないようです。

そこで今回は、自律神経失調症のチェックをご紹介します。

これから、18個の文章を挙げますので、いくつあてはまることがあるか、数えてみてください。

(編集者注:こちらは参考情報としてご活用ください。詳しい判断は担当のお医者様にご相談ください)

1. よく、立ちくらみがする

2. よく、めまいや、耳鳴りがする

3. 胸がしめつけられたり、不安でざわついたりすることが、よくある

4. 心臓が急にドキドキして、鼓動が早くなることがある

5. 息苦しくなることがある

6. 夏場でも手足が冷える、ひどい冷え性だ

7. 空腹感がない、慢性的に膨満感がある、いつも食欲がない

8. 下痢や便秘をすることが多い

9. 肩こり、腰痛持ちである

10. 手足がだるいことがよくある

11. 顔だけ、あるいは手足だけなど、身体の一部分にのみ汗をかく

12. 天候が急激に変化すると、ついていけない

13. 日の光がまぶしいと感じることが多い

14. いくら寝ても、まだ眠い

15. 金縛りにあったり、怖い夢をよくみる

16. 風邪はひいていないが、咳が出る

17. 食べ物を飲み込めない。のどに違和感がある。

18. ろれつが回らないことがある。

少し多かったですが、いかがでしたか?

あてはまるものが0個、1個であれば、あなたの自律神経はまだまだ大丈夫です。

2個~3個当てはまれば、自律神経に少々負担がかかっているようです。

4個~6個、当てはまる場合は、自律神経失調症にかなり近い状態になっていると言えます。早期に療養して、精神を休めることをおすすめします。

あてはまるものが7個以上にのぼったのであれば、一度、心の専門家を訪れてみると良いかもしれません。

自律神経失調症は、非常にさまざまな症状をともなって表われてくるものです。

しかし一方で、感覚的には不調があるにも関わらず、健康診断などを行っても、身体に明らかな疾患が見られないのも特徴です。

頭痛や、だるさなどの症状があっても、検査をして「なにも異常はないですよ」と言われるために、「おかしなところはないんだ……」と思い込んで症状をそのまま放置し、自律神経失調症を悪化させてしまうケースもあります。

上に挙げたようなチェックシートで、あてはまるものが多かった場合には、長期間放置せずに、とにかく相談するだけでもしてみることがおすすめです。

自律神経失調症を放置してしまった例として、このようなケースがあります。

40代の男性の方です。彼が自律神経失調症を発症したのは、おそらく30代のはじめ頃だと思われます。

当時、暑くもないときに汗が出る、夜に眠ることができない……などの症状が顕著にあらわれていましたが、本人はまさか病気とは思っていなかったため、心の専門家への相談はせずに過しました。

実際、会社も忙しかったですし、強いストレスがかかっている自覚もありましたので、不眠くらい普通だと考えていたのです。

やがて、これが出社していても身体がだるい、やる気がでない……といった症状に発展していき、気がついたときには半分出社拒否のような状態に。

当然、具体的に何何病、身体のどこが悪いという情報がないので、登校拒否の延長のように思われてしまい、彼の心にはますますのストレスがかかるようになりました。

ようやく、知人のすすめで心の専門家に相談したときには、既に自律神経失調症だけではなく、うつも併発しはじめている状態でした。

自律神経失調症と、うつは、似て非なるものです。

自律神経失調症は、名前のとおり、自律神経が調子を崩してしまうのですが、うつは、脳内の伝達物質が正常に働かず、心身に不調があらわれてきます。

うつも、自律神経失調症の延長線上にあると考えられますが、うつを併発してしまうと、自律神経のバランスを整えてあげるだけでは完全に回復することができず、脳内の伝達物質の分泌を正常な状態に戻してあげる必要が出てきますので、治療にはそれだけの手間と時間がかかる、と考えてよいでしょう。

彼の場合も、自律神経失調症の初期段階で心の専門家に相談をして、早期回復を図っておけば、うつの併発は避けられた可能性があります。

他の心の問題にも言えることですが、自律神経失調症もまた、早くその症状に気づき、早く治療を開始することが重要なのです。

上のチェックリストをもう一度見直してみて、あてはまる項目がちょっと多いな……と感じた場合、そして自律神経失調症のような症状が出ていて、疑わしいな……と思うような場合には、どうぞ遠慮無く、一度心の専門家にご相談してみてください。

あなたの生活の不快感を解消するヒントが、なにか見つかるかもしれません。

自律神経失調症のチェックはいかがでしたか。ストレスに負けない心を手に入れたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ