上司からの叱責で自信を失いました。自信を取り戻すことはできるのでしょうか?

仕事をしていく中で、時にミスや間違いを起こし、上司に怒られるなんて場面があると思います。ガミガミ言われてなんだか自信を失ってしまった。そんな時には考え方を変えてみる。本来の自分を取り戻すためにはどうしたらいいでしょうか。


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

仕事でミスをしたとき、当然上司に怒られてしまいますよね…。

上司に限らず、誰でも怒られてしまったときというのは落ち込んでしまったり自信をなくしてしまったり、マイナスな気分になってしまうものです。

そこで「次、また頑張ろう!」と思えるか、またはずっと引きずってしまい自信を失ってしまったままか。

このふたつに分けられると思います。

上司から叱責されたことで自信を失ってしまうということはよくあるものですが、失ってしまった自信って取り戻すことはできるんでしょうか?

そもそも上司に怒られているという状況ですが、なぜ怒られているのでしょうか?

その原因はまず自分自身にあることを自覚しましょう。…上司が自分をいじめたいから?違いますよね、自分がミスをしたからです。

まず、「なぜ上司は自分に怒るか?」ということを考えてみましょう。

注意されるを「してくれている」と捉えてみる

それは会社のためということがまずありますが、自分のためでもあるということを忘れないでください。

仕事のミスは誰にでもあることですが、そこで上司に叱責されるということは上司が仕事に対して真面目だからこそ!怒るのです。

ですから「怒られる」ではなく、次につなげるための「アドバイス」をしてもらっているという考え方をしてみてはいかがでしょうか?

言い方がキツイ、怒鳴られる…などの理由はその人の人間性であるので、そういった部分では自分に非がないんだ!ととらえるようにしたり、この人は自分に怒る時だけでなくすべてにおいてそういう人なんだ、ととらえてみることでだいぶ気持ちの持ちようが変わります。

相手が怒る・何かを訴えてきている!というときには、必ず何らかの理由があるからなんです。

ただ単に「怒られた…」と思ってヘコむのではなく、その原因である怒られる意味や理由というものを考えてみてくださいね。

失敗して怒られて終わり、ではなくて上司から叱責されることで何か次につなげられることを見つけようとする気持ちを持ってみてください。

なかなかすぐに見つけられるものではないかもしれませんが、意識を持つだけでも叱責されるときの心構えを変えることはできます。

まず自分自身を見つめなおしてみる

そうすることで「怒られている」ではなくポジティブに受け止めて「自分のために苦言を呈してくれてありがとうございます」というような謙虚な気持ちになれるでしょう。

そういう心構えでいられることによって、怒られている本当の意味を知ることができますね。

そうすると次にまたもし怒られたときに意味を冷静に理解できるし、なぜ怒られたのかと自分を見つめ直すことができるようになるでしょう。

開き直って「上司は怒るものだ、そういう人なんだ!」と受け止めて話を聞いてみるのも、叱責されたときに落ち込んだりするのではなく冷静に話を聞くことができます。

先ほどにもありましたが、言い方が柔らかい人・キツイ人というのは確かにいます。人それぞれだけども、「ウチの上司はそういう人なんだな!」と受け止めて、決してただ単に「怖い人」とおびえる必要はないということを忘れないでください。

上司におびえたり上司に嫌な気分を抱くのではなく、怒られる理由があるという自分自身をまず見つめ直すことが大切なんですね。

上司に対してだけでなく、誰に怒られてもアドバイスのように受け取って「ありがとう!」という謙虚な気持ちでいられれば、仕事でなくても他で何かにぶつかったときにも話をちゃんと聞けることができるようになるでしょう。

怒られていることの意味を理解すれば次につながる、次が成功すれば成果につながる、成果につながれば上司に怒られるということもありませんよね?

上司に認められれば大きな仕事を任せてもらえたり、さらに自分自身も仕事に対してのやりがいを感じるようになりますよね。

やりがいを見つけられれば、多少失敗してしまったとしてもそれを「苦」だと思わなくなりますし、このように一度に全部をこなすのではなく、苦労しながらも少しずつ段階を踏んでいくことで上司に怒られる頻度もぐっと減るでしょう!

いきなり100のことができる人は少ないですし、できないことによって上司に怒られたりする…ということであれば1つずつ確実にこなしていくことを選びましょう。

上司に怒られないように…ではなく、自分自身の成長のためにひとつひとつをミスしないように心がければ自然と上司に怒られることもなくなりますよね?

上司に怒られるということ。これは一般的にもよく言われますがそれは上司からの「愛情」を受けているということだと思ってみてください。

本当にどうでも良い相手には怒るパワーも使いたくない…面倒くさい…、というのは多くの人に共通するものです。

ですから、最終的には「上司に怒られた…」と悩んでいたことが小さなことに思えるようになるのではないでしょうか?

そのことに気付けたときには、上司に怒られたことをもプラスに思えるくらい自然と器の大きな人間になれているのでは?

自分自身を見つめ直す機会…というふうに考えたり、捉え方を変えてみることで前向きになることができるでしょう。

仕事で怒られた時の自分を取り戻す方法についての話はいかがでしたか。もっと自分の心を強くしたい方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ