子供の気持ちがわからず子育てに自信がないです。どうしたら良いですか?

子育てで悩んでいるお父さんお母さん達はとても多くいらっしゃいます。なかなか子供と心が通わず、子育てに自信がないなんて仰る方も多いんですね。どう子供と向き合うといいのか、そんな話をしていきます。


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

お子さんがいらっしゃるという人、本当に毎日の子育てって大変ですよね…。

でも、かわいいわが子の成長、できることが増えたりほほえましいことをしたり、日々楽しいことや感動的なことに出会えるというのは親の特権でもありますよね。

しかし、みんながみんなそうも言っていられないのが子育てなんです。

「コレ!」というマニュアルがないのが子育てですし、ひとりひとり個性がありますから親にとっては正直なところ「育てにくい…」と思ってしまう子もいるものです。

分かりたいけど分からない子供の気持ち

子供の気持ちって、わかりますか?

いたずらをしたとき、どんな気持ちでなぜそんなことをしたのか。

ママやパパに甘えてきたとき、どんな気持ちなのか。

正直なところ、こうなんだと100%わかるという人はいないんじゃないかと思います。

そもそも子供の行動や気持ちを理解して子育てをすることができたら、子供とぶつかったり、気持ちや言いたいことがわからなくてイライラしたりということがなくなりますよね。

子育てをするママ・パパなら誰もがこう思っているのではないでしょうか?

子供の気持ちをすべて理解してあげられたら、虐待やイライラなどすることもなくなりますよね。

しかし、子供の気持ちを理解してあげるというのはなかなか簡単なことではありません。

子供というのは不思議なほど気持ちの切り替えが早いものです。

たとえば、うまくおもちゃの片付けができないことでイライラしてぎゃーぎゃーと泣いていても、1分もすればコロッと気持ちを切り替えてニコニコ遊ぶことができます。

これって、子供ならではですよね?

でも、ママやパパは子どもの気持ちの切り替えの素早さについていけないときもあるものです。

言ってしまうと、子供の気持ちを100%理解してあげられるママやパパというのは、いません。

子供の気持ちだけに限らず、友達・夫婦・恋人・家族…誰でも自分ではない人の気持ちをすべて理解するということは不可能なのです。

ですから、「子供の気持ちがわからない…」といって子育てに自信を失ってしまう必要はまったくないということなんです。

とは言っても、子育ては仕事のように退社してオフの時間を作ることもできませんし、特に小さなお子さんがいらっしゃるという場合には24時間365日ノンストップ!

また、パパが毎日仕事で帰りが遅いというような家庭や、実家が遠方でなかなか頼ることができないというような環境の家庭だと、頭では理解することはできても実際にはイライラが止まらなかったり、自分の子育てってこれで本当に良いのだろうか…?と自信を失ってしまうものですよね。

「子育てに自信がある」という人の方が少ないものだと思いますが、自信をなくしにくいという人はどういった違いがあるのでしょうか?

自分以外の誰かを完全に理解するのは無理

自分の子供なのに、子供の気持ちが全然わからない…ということで毎日イライラしながら子供に接していませんか?

もちろん、お母さんでも子供とはまったく別の人間ですから我が子であっても気持ちをすべて理解してあげることはできません。

それはお母さんが悔んだり、ふがいないと思う必要はまったくないということを忘れないでくださいね。

自分の親や夫が、自分の心を100%理解してくれたことがありますか?

確かに多くのことを理解してもらった…ということはあるかもしれませんが、自分でさらけ出していない部分が少しでもあれば、自分の100%を理解してもらったとは言えませんよね。

つまり、お母さんが日々見ている子供が、その子のすべてではないということなんです。

そもそも子供の気持ちがわからないために子育てに自信がない、と悩んでいるお母さん。

月並みな言葉ではありますが、そうやって悩んでいることが立派な親の証なんです。

本気で子供のことを考えていなかったり自分に育児放棄などの可能性があるならば、「子供の気持ち」に対して悩むのではなく、まず「自分」のことを考えるでしょう。

これはどういうことかと言うと、子供の気持ちを考えた上で子育てへの自信を失ってしまうという方は「子供に対して」悩みを抱えているものです。

逆に、そうでない場合には「自分に対して」悩みを抱えています。

子供のことを考えることで子育てが嫌になってしまっても、命を預かっている親として簡単に投げ出してしまうことはできませんよね。

簡単に投げ出すことができないからこそ、自分の思うとおりにいかないことでイライラしてしまったり、もし投げ出してしまったことで「周囲から見られる自分」が変わってしまうことを第一に考えてしまうのです。

これって、子供のことを考えるのではなくて自分のことを考えていると言えますよね。

ですから、子供の気持ちがわからない…と悩んでいるお母さん、それはすごく立派なことであって、一生懸命子供の気持ちをわかってあげようと努力している最中なんですよ。

何度も言いますが、誰だって子供の気持ちを100%わかってあげることなんて不可能なことです。

努力していることで、小さなお子さんでも大きくなってからその気持ちをわかってくれるはずです。

子育てに自信がないという思いを変える考え方の話はいかがでしたか。もっと様々な心の学びを得たい方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ