学歴もないし仕事もダメです。自信を持つ方法を知りたいです。

自分は学歴が低いから…と口にする方は多くいらっしゃいます。でもそこに必要以上にコンプレックスを抱く必要は実はそうないんです。自分に自信を持つために、視点を変えてこう考えてみてはいかがでしょうか


こんにちは、カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

みなさんは、「学歴」って気にしたことがあるでしょうか?
ちなみに筆者の最終学歴は高等学校。専門学校や大学などには行っておらず、ごくごく普通の県立高校に通っていました。

…それはさておいて、親世代の方というとやはり学歴を気にされている方が少なくありませんよね。たとえばお付き合いする人や結婚をする人は大学卒業生!だとか、学歴の高い人!だとか、もはや人柄云々よりもそういった学歴などのステータスを主に見ているという方もまだまだたくさんいらっしゃるのが現状です。

学歴は重要なのか?

学歴があると、いったいどういったことでメリットがあるのでしょうか?

まず、学歴があるということでお見合いや就職のときに有利な「ステータス」を持つことができます。前述のように学歴が高いと周囲からの評価もそれだけ高くなりますし、良いことだらけといった印象でしょうか。

確かに、東大や早稲田大、慶応大出身です!と大きな声で言えたらカッコ良いと思いますが、実際のところはそれが直接仕事に役立つのかということです。

「実は、私東大出身者なんです」と言われたらあなたはどう思いますか?
「すごい!」と思うこともあると思いますが「へえ~」程度で済むことも多々ありますよね。言ってしまえば、学歴というのは社会に出てからはただそれだけのことなんです。

高校・大学に入るときなど受験のときには学校の偏差値を見たり、学歴を見たりすることが多いのですが、いざ社会人になって仕事をするという立場になってからは、学歴というのはあまり関係ないことの方が多いのです。

それどころか、先ほどのように「私、東大出身者です」と言っても、逆に「東大出身者なのに仕事もできないのか」なんてことを言われる可能性も無きにしも非ず。

学歴というのは、あくまで過去のことです。過去に成績が良くても、現在の仕事に貢献できていなかったら?当然、会社の中での評価もそれだけ低くなってしまいますから、たとえ東大出身者であろうと関係なく見定められます。

ですから、「自分には学歴がないから…」と自信喪失している方。
自信を無くしてしまう必要はまったくありませんし、むしろラッキーだと思えるチャンスでもあるのです。

なぜかと言うと、前述のように東大出身者の方が「自分、東大出身です!」と学歴をひけらかしたとしても、いざ仕事をすると全然役に立たない…仕事ができないのか?などマイナスなことを言われる可能性もありますよね?

しかし、学歴がない人というのは仕事を始めた時には評価も何もかも0からスタートすることになります。

何を知っているかより何ができるか

学歴がなくたって、仕事への意欲や取り組み方ひとつでまったく関係なく評価してもらうことが可能だということです。

社会に出て仕事をする上で大切なのは、ズバリ学歴よりも職歴です。難関大学を卒業しているからといって、その人が職歴としてきちんとキャリアを積んでいるかどうかというのはわからないからですね。

つまり、ギャップが大事ということです!恋愛でもそうですし、意外性があると評価もぐーんと大きくなります。

学歴をいつまでも気にしているような状態というのは過去の自分に対してすがりついているという状態です。仕事に対してもちょっとした失敗を引きずりやすくなりますし、注意を受けたとしても反発心が生まれてしまったりします。

一方、学歴が特にないという方の場合は前述のように0からスタートすることができますので、しっかりと仕事を覚えるチャンスでもあります。

「学歴がないからミスが許される」というわけではもちろんありませんが、このようにポジティブに考えることもできるんですね!

また、学歴がない上に仕事もダメだ…という人もいらっしゃると思いますが、学歴がないから仕事もできないのでしょうか?

実際のところ、中卒など学歴がまったくなくたって立派に仕事をして稼いで、家庭をもってしっかり家族を養っているという方はたくさんいらっしゃいます。もちろんそういった方の場合は「学歴不問」だとか、就業できる職種は若干限られることもありますが…。

しかし、学歴関係なく活躍できる職種もごまんとありますし、要は自分次第ということになりますね。

よ~く考えてみてください。
学歴のなさが仕事への自信のなさに繋がっているのか、そうでないのか。もしそうだという場合には、社会に出てからは学歴はほとんど関係ないということをもう一度言っておきます。学歴がないことによってそこから積み上げられる経験も多いですし、プラスになることだってあるんです。

そして、そうでないという方の場合。無理に自信を持とうとしなくても、ありのままのあなたで良いのです。

新人でなかなか仕事ができないという方ですが、すぐにテキパキと仕事を覚えて行動できる…という方はなかなかいないものですよね。器用に立ち振る舞おうとせず、ひとつずつ確実に仕事をこなしていくことで、ゆっくりではあるものの経験をしっかりと積み上げていくことができます。

始めから仕事をバリバリできるよりも、最初にミスをしておいた方が良いということですね。

また、新人ではないにしても仕事がなかなかできない…という方、こちらもひとつずつ確実に仕事をこなしていくように心がけましょう。どんなに勤続年数が経ったとしても、なかなか仕事が覚えられないならばメモをするとか、ちょっとしたやる気の見せ方で周囲の評価も変わってくるでしょう。

できなくて落ち込むよりも、どうしたら上手くできるんだろうと考え方を変えることが大切ですよ。

自信を持つ方法についての話はいかがでしたか。もっとプラス思考を持ちたい、心を元気にしたいという方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ