インナーチャイルドの癒しから得られる効果とは?

インナーチャイルドを癒すという言葉も世にだんだんと浸透してきたのではないかと思います。癒すことによってどんな効果があるのか、といった質問を多くいただきます。今回はその効果についてお話させていただきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

現代社会の中で、徐々にアダルトチルドレンですとか、インナーチャイルドといったものが注目されるようになったのに従い、「インナーチャイルドの癒やし」というものも徐々に、その必要性を認識されるようになってきました。

インナーチャイルドを癒やしてあげると、どのような効果が得られるものなのでしょうか。

プラス思考とマイナス思考、あなたはどっちが強い?

皆さんは、失敗したり、落ち込んだときなどに、「あたしってダメだなぁ……」「おれなんて、みんなに必要とされてないのかなぁ……」などと、思ったことはありませんか?

これは、誰しもにあることのはずで、失敗したら落ち込む、悪いことが起きたら悪い方向にものごとを考える、などということは人間として実にありがちな思考です。

しかし、傷ついたままのインナーチャイルドを心の中に持っている人と、心の中のインナーチャイルドが既に癒やされて、「ワンダーチャイルド」へと変化している人とでは、その受け取り方が違ってきます。

傷ついたインナーチャイルドを持ち続けるとどんな影響があるのか

インナーチャイルドが傷ついていると、落ち込むような出来事が起きたときに、それを引きずったり、繰り返したりしがちです。

例えば、このような実例があります。ある男性に、会社で失敗を起こし、上司に怒られて落ち込む出来事がありました。

すると、落ち込んだ感情から自分の自信をすっかり喪失してしまい、自分なんてダメな人間だ……という思考に支配されてしまいます。

彼のインナーチャイルドは、子どもの頃に親から「できない人間」と評価されたためにすっかり傷ついており、会社での出来事は彼をすっかりイライラさせました。

彼には妻も子どももありますが、会社での一件をうまく消化することができず、家庭に戻って妻や子どもにイライラをぶつけてしまいます。

自信を喪失した彼には、妻からも子どもからも、自分がバカにされているのではないかという疑いが消えなくなってしまったのです。

当然、妻とも子どもとも良好な関係を維持することはできなくなりました。

こういった実例については、適切にインナーチャイルドを癒やし、彼自身の対処方法を変えなくては、妻や子どもとの関係も改善していかないでしょう。

会社で失敗したり、上司や同僚と意見の違いがあったり、悪ければたいして失敗もしていないのに怒られる……などということは、あってあたりまえのことです。

もしも、彼のインナーチャイルドがきちんと癒やされていて、彼が心の中にワンダーチャイルドを持てたときには、会社で失敗し、上司に怒られたとしても、こう思えるでしょう。

「次は大丈夫だ。明日はしっかりやれる。この失敗を糧に成長できる」

会社での暗い気持ちを、家庭にそのまま持ち帰ることもありません。会社で怒られたからといって、家庭で妻や子どもからもバカにされているんだろう……などと感じることもなくなることでしょう。

これはあくまでも一例にすぎません。インナーチャイルドの傷つき方は人それぞれですし、その傷のあらわれ方も人それぞれです。

インナーチャイルドが傷ついていても、それに気づかないこともありますが、多くは、日常的なイライラであったり、人間関係の問題であったり、自尊心が持てない、などの姿になってあらわれてきます。

自己肯定感、自己重要感を満たすために

インナーチャイルドをきちんと癒やしてあげると、その一番の効果は、自尊心にあらわれてくると私は考えます。

ようするに、自分に価値がないと思われていたものが、自分の価値を感じられるようになり、自分の考えに自信が持てなかったものが、持てるようになる、という変化です。

たかが自分の価値など……と思いがちですが、自己肯定感というものが人間が生きる上でいかに大切なものかということは、インナーチャイルド問題、或いはアダルトチルドレンの問題などをみても明らかです。

自分に、自分を肯定する力があれば、人は何にでも挑戦でき、どんな環境に身を置いてもしあわせに暮らすことができる、或いはたとえ不幸があっても、「不幸は一時的なもの」として未来の幸せを信じることができ、幸せに向って努力をし、諦めずに歩き続けることができるのです。

癒やされたインナーチャイルド、つまりワンダーチャイルドは知っています。

自分には何でもできること。すばらしい未来が、必ず待っているということを。

しかし、自己肯定感がなければ、人はそうはできません。

「自分は不幸であたりまえ」という考えが生まれますが、不幸であることのイライラからは逃れることができず、結果として自分の手でさらなる不幸を生み出してしまうこともあります。

インナーチャイルドを癒やす方法としては、カウンセリング、ヒプノセラピー、レイキといった複数の方法が挙げられます。これらは別項目で詳しい内容を解説いたしますので、是非チェックしてみてくださいね。

皆さんが、傷ついたインナーチャイルドを癒やし、すてきなワンダーチャイルドを自分の中に発見してくださることを、心からお祈りしております。

インナーチャイルドの癒しから得られる効果についての話はいかがでしたか。自分を変えるヒントがつまった話をもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ