インナーチャイルドをレイキで癒す方法とは?

インナーチャイルドを癒す方法としてレイキという方法があります。この言葉をご存知の方は少ないと思います。レイキっていったいなんなのか、どういった方法なのかについてお話させていただきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

インナーチャイルドを癒やす方法のひとつとして、「レイキ」というものがあります。

レイキは、カウンセリングや、もしかすると催眠療法などよりも、ご存じの方が少ないかもしれません。

今回は、このレイキという方法をご紹介したいと思います。

レイキってどんなことをするの?

レイキは、ハンドヒーリングと呼ばれることもあります。日本語訳をすると、「手当療法」です。

手当療法とは、手を当てることによって何らかの疾患を改善したり、心の問題の解決を図ったりする方法のこと。

今、私は「日本語訳をすると」と表現しましたが、レイキという名前は漢字で書けば「霊気」であり、日本発祥のハンドヒーリング法なのです。

とはいえ、皆さんご存じないように、医療行為としては認められていないのが実情ですね。

日本では決して確たる地位があるとは言えないレイキも、欧米諸国では扱いが多少違います。

イギリスやドイツなどでは医療保険が適用され、癌をはじめとするさまざまな病の治療に、積極的に使われているようです。

日本発祥のレイキは、海外へ輸出され、そこで成長し、逆輸入という形で日本に戻ってきているのですね。

さて、そこでレイキによるインナーチャイルドの癒やしですが、これは、カウンセリングがカウンセラーによって行われるように、「レイキヒーラー」によって行われます。

レイキは、目に見えないエネルギーとレイキヒーラーがつながることによって、ヒーリングされる人(ヒーリーといいます)に癒やしをもたらすものです。

この目に見えないエネルギーを、宇宙エネルギーという人もいますが、こうしたエネルギーはすべての自然の中にもやどっていますし、私たち一人一人の中にももちろん流れています。

心が傷ついている状態というのは、このエネルギーが正常に流れていない状態ですから、エネルギーを正常に流すことによって少しずつ癒やしを図ってゆくのです。

レイキヒーラーは、エネルギーを流すためのパイプです。

ヒーリーが本来持っているエネルギーの扉を開き、自然のエネルギーとつなげ、自然のエネルギーからいただくパワーを、ヒーリーの弱ったエネルギーに注入するイメージを持っていただければ良いでしょう。

レイキヒーリングの不思議なところは、「レイキは時間を超える」という概念です。中級のレイキヒーラーになると、過去や未来を癒やす方法を学びます。

こうした、謎めいたところが、日本でレイキが確たる地位を築けない原因になっているのかもしれませんが、そのレイキでたくさんの人が癒やされているのもまた現実です。

こんな例があります。

男性が体験した不思議な出来事

インナーチャイルドを癒やしたいというのは、30代の男性です。

彼もまた、人間関係に悩む人の一人でした。誰とやってもうまくいかない……というのです。

仕事上の人間関係は、仕事のことと割り切ってしまえばほどほどにやっていけます。

しかし、大学まできちんと卒業したのに、プライベートで付き合ってくれる友人はゼロ。

一緒に遊びに行ける人もいないし、彼女ができたこともありましたが、大切にしたいと思っていた心とは裏腹にひどいことを言ってしまい、別れを告げられてしまいました。

思えば、学生時代に同性の友人ができたときも、相手の気分をひどく損ねて喧嘩別れしています。

自分のどこに問題があるのか、どうやったら人とうまく付き合えるのか、悩んでいました。

レイキでインナーチャイルドを癒やす場合も、自分の中にいる幼い自分と対話することに変わりはありません。

彼にも、目を閉じて子ども時代の自分を思い浮かべてもらいます。同時に、レイキヒーラーがレイキを送ります。

思い浮かんだのは、5歳くらいの自分です。淋しげな表情をしている、と彼は言いました。

男性ですので少し恥ずかしげなところもありましたが、その少年の肩を抱いて、頭の中で、大丈夫だよ、と話しかけてもらいます。お兄さんが味方だよ……と。

レイキヒーラーは、カウンセラーとは違いますので、ヒーリング中に、インナーチャイルドとどのような会話があったのかを細かく聞き出すことは特にありません。

ただ癒やしのエネルギーを、男性と、過去の男性……つまりその少年に送ってあげるのです。

あとは男性と少年とが心を通わせることになりますが、男性は不思議な体験をしたといいます。

最初、5歳くらいだった少年が、肩を抱いているうちに、中学生くらいに感じられることがあったとのこと。

男性の過去を紐解けば、3歳のときに弟が生まれ、彼の母親は顔がかわいいというのでその弟に夢中になりました。

それでも、小学生のうちはトップクラスの成績を保ち、いい子であれと自分を律し、親に対して精一杯虚勢をはっていた彼。

しかし、中学受験では母親の目標としていた学校への入学を逃し、世間ではじゅうぶんにレベルの高い学校に受かったにも関わらず、母に認めてもらうことはできませんでした。

そのまま弟の受験シーズンを迎えてしまったため、母親の興味は完全に弟にいってしまったのだと、彼は語ります。中学生になった彼も、また誰かに癒やされたいと願っていたのでしょう。

母親に傷つけられたインナーチャイルドは、その後の人間関係を妨げ、彼に対して優しく接してくれた女性に対しても、ひどい言葉を投げつけるに至ってしまったようです。

その心を男性が癒やしてあげられるまでには、しばらく時間がかかるかもしれませんが、傷ついたインナーチャイルドに気付いた彼も、いつかそれを癒やしてあげられることでしょう。

そのために、大自然からのエネルギーを補助として、現在と過去の自分に送る方法……それがレイキヒーリングなのです。

インナーチャイルドをレイキで癒す方法についての話はいかがでしたか。心が元気になる話をもっと聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ