インナーチャイルドを克服するためには?

インナーチャイルドとアダルトチルドレンは似ているようで違うものなんです。今回はその違いのお話と、インナーチャイルドを克服するための方法などをお話させていただきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

「インナーチャイルドは、どうやったら克服できますか?」

というご質問をよくいただきます。
そこで、今回は、インナーチャイルド克服のための方法について、お話をしたいと思います。

インナーチャイルドとアダルトチルドレンの違い

インナーチャイルドの克服を考えるときに、ひとつ気になるのは、インナーチャイルドとアダルトチルドレンって、違うの? ということです。

これもまた、ご質問の多い事項であると言えるかもしれません。

実は、インナーチャイルドと、アダルトチルドレンとの線引きは非常に曖昧で、似通ったところも多くあるためややこしく感じられます。

アダルトチルドレンというのは、「機能不全家族」といわれる、家庭としての機能に著しく欠けた、大きな問題を抱えた家庭で育った人のことを指します。

家庭としての機能に欠けた……ということは、家庭が、子どもにとって安心できる場所ではない、という意味です。その理由はさまざまあります。

例えば、両親いずれかのアルコール依存症であったり、或いは児童虐待であったり、或いは、暴力、愛情不足という原因がある一方で、過干渉や過保護が原因となる場合もあります。

いずれにしても幼少期から、重ねてありのままの人格を否定されたり、思うとおりの子どもらしい行動ができないことで、大人になってからも酷く傷ついたインナーチャイルドを抱え、偏った価値観を持ち生きづらさを感じる。

自分の存在を否定し、マイナス思考によって色々なことを決めつけてしまう。これがアダルトチルドレンです。

インナーチャイルドが、アダルトチルドレンと少し違うところは、インナーチャイルドを抱えた人は、必ずしも機能不全といわれるほどその役割を果たしていないような家庭に育つとは限らないということです。

一見して普通。アルコールなどの依存症もなく、虐待というほどのものがあるわけでもない。

そうした家庭に育ったとしても、傷ついたインナーチャイルドを抱える可能性は誰にでもある……というよりも、誰しもが大なり小なり、インナーチャイルドを抱えて生きていると言うことができるでしょう。

アダルトチルドレンもまた、傷ついたインナーチャイルドによって引き起こされるわけですが、アダルトチルドレンほどの生きづらさ、考え方の偏りがなくても、インナーチャイルドはどこにでも存在し、人の自己肯定感を低下させたり、無意味な孤独感を感じさせたりしているのです。

子供はとてもデリケート

子どもの心は、大人が思っているよりも、ずっとデリケートです。

例えばこうした例があります。

子どもの頃から、両親にかわいがられて育った女性。一見して、家庭には何の問題もないけれども、心の奥底に「私のことを、両親は本当はかわいいと思っていないんだ……」という意識が離れません。

大人になっても、両親だけではなく社会から「必要とされていないのではないか」という思いで不安になることがよくあり、イライラすることもあったといいます。

その原因をセラピーで探ったところ、女性は一人の赤ちゃんに出会いました。

まだ生後1歳ほどの自分です。その赤ちゃんは傷ついています。

両親の会話から、母親のお腹に弟がやってきたこと、そして、「今度は男の子だ!」と父親が大喜びしていることを知ってしまったからです。

生後1歳の女の子は思っています。自分は女の子だから、喜ばれていないんだ……いらない子なんだ……お姉ちゃんだから、しっかりしなくちゃ……。しっかりしないと、両親に喜んでもらえない、育ててもらえないんだ、と。

女性はさらに記憶をさかのぼります。母親のお腹の中にいたときの、胎内記憶です。

父親の声がしました。「男の子じゃないのか……」がっかりした声でした。

実際に、その後弟が生まれ、母親の手も弟にかかりきりになってしまいましたが、女の子が姉としてしっかりしていたのでまさか傷ついているとは誰も思わず、適切なケアもありませんでした。大人になるまで、傷ついた自覚もなかったといいます。

女性はその後、赤ちゃんの自分に心の中で度々会いに行き、抱きしめてあげ、撫でてあげ、当時母親にそうしてほしかったように、その子を愛してあげました。そして、いつしかインナーチャイルドを克服したのです。

インナーチャイルドの克服は、自分自身の力でしかできません。

しかし、インナーチャイルドの原因がわからないと、克服することは非常に難しい。

一方その原因がわかれば、子どもの頃の傷ついた記憶に会いに行き、癒やしてあげることができます。

そのための方法は、いくつか用意されています。

ヒプノセラピー(催眠療法)、カウンセリング、レイキなどがそれです。これらによって、時には幼いあなたへ、時には生まれる前のあなたへ、傷ついた記憶をヒアリングしていくのです。

いずれも、あなた自身の歴史をさかのぼり、過去のあなたに会いに行く。そのことが、インナーチャイルド克服の第一歩である、と言うことができます。

インナーチャイルドを克服していくための話はいかがでしたか。人生を豊かにする話をもっと聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ