自信を失っているアスペルガー症候群の貴女へ

アスペルガー症候群の症状はほぼ男性に現れます。ですが数はかぎりなく少ないかもしれませんが 女性にも起きる症状です。理解が得られず自信を無くしてしまう…そうならないためにも今回のお話をさせてください


こんにちは、心理カウンセラーのサチです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

“アスペルガー症候群”の男女比は、だいたい『男性:女性=9:1』といわれています。

“アスペルガー症候群”自体が、人口に対してマイノリティなのに加え、その中でも女性となると、マイノリティ中のマイノリティといえます。
そのため、“アスペルガー症候群”の女性に対する理解が、あまり浸透していないのが実情。

その最たるものが、女性に求められる家事スキル。
『片づけ、掃除、料理、会計管理、細かな気配り』
などは、すべて、“アスペルガー症候群”の人が苦手なことです。

日本ではまだ、これらの家事スキルが、なぜか、女性はできて当然、女性がやってしかるべきという風潮があり、理解者を見つけるのはなかなか難しいですね。

また、『子育て、近所の人や親せき、ママ友との付き合い』も、
人とのコミュニケーションが苦手な、“アスペルガー症候群”には、不得意な役割です。

あれもこれも、できて当然のことができないということで、多くの、アスペルガー症候群の女性が、自分が女性であること、社会人である自信を失っているのです。
私も、そのうちの1人。

それでも、全く家事をしないというのは、家庭生活を営むのに機能しなくなるので、なるべくしなければなりません。
そこで、『“アスペルガー症候群”の私が実践している、生活のコツ』をご紹介します。
「へぇ、こういうやり方もあるんだ」と、知ってもらえればなと思います。

《片づけのコツ》

私の場合、片づけたいけどうまく片づけられなかったので、とにかく、収納特集の雑誌や、収納の本を何冊も買いました。
それぞれ、異なる方法が紹介されているので、そのうち、自分ができそうなものだけをピックアップして、マネしてみます。
全部、その通りにやろうとすると、疲れるばかりか、すぐ挫折してしまうので、ピンポイントでマネています。

私に合っていたのは、カテゴリに分けたカゴを作り、それにどんどん入れる方式
『薬部門、スキンケア部門、メイク部門、充電器部門、文具部門・・・・』
というように、生活用品をカテゴライズして分けて、突っ込んでいくだけです。
100均のカゴで構わないので、側面にキャラクターシールを張ったりして、判別しやすくしました。(ラベリングは挫折しやすかったので。)

キッチンの収納では、同様にカテゴリ分けしたカゴに分けていき、
『調味料部門、キャンディー・グミ・ガム部門、スナック菓子部門、お茶・コーヒー部門・・・』
と、それぞれ作っています。
とにかく、カゴからあぶれるものを作らないことだけが、唯一のコツ。

領収書は、医療費やどうしても必要なもの以外は、取ってありません。
レシート、電気・水道・ガスの領収書は、家計ノートにメモするなりして、すぐに捨てる。
DM・チラシはすぐにゴミ箱行き。
ただ、家計は私の場合、管理していません。
必要経費や雑費を考えずに、買い物をしてしまうからです。(笑)

《水の感覚が苦手》

私は、水の感覚が苦手。
なので、食器などの洗い物は、年中、手袋をしています。
掃除のときも、いつも、掃除用の手袋を使っています。

また、洗濯を干すときに、濡れた洗濯物に触れるのが苦手なので、手袋をするか、手に触れる部分を最小限にするようにしています。
または、洗濯が完了したものを洗濯カゴに移しておいて、あとで家族に手伝ってもらって、負担を減らすことも。

朝、顔を洗うのも、実は苦手。
でも、スキンケアには関心があるので、
「顔を洗うことで、キレイなれる」と、自分に言い聞かせ、洗面台に向かっています。

《できない自分を認める》

まず、家事や育児に関する不得意は、夫や家族の理解と協力が、不可欠。
“アスペルガー症候群”が、どのようなものかをキチンと説明することが、先決でしょう。

生活全般では、何かしらの工夫で解決をしたり、誰かの手助けで負担が減ることはありますが、確実にいわゆる“普通の”家事ができている奥さんがいるお宅とは、格段に差を感じることが多々あります。

それでも、“アスペルガー症候群”であることを受け入れて、家事を“できない自分”を認め、あまり自分を責めないことが、気持ちが楽になるコツですね。
ただ、やれないからといって、単なる“ズボラ”にならないようには、気をつけましょう。(笑)

アスペルガー症候群によって自信を失いやすいかもしれません。それでも自分なりにしっかりと生きていくことが大切です。今より自分を成長させたい、気づきを得たいという方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ