アスペルガー症候群と子供が診断されました。どう接していけばいいですか?

自分の子供がもしもアスペルガー症候群であると診断されたら、驚いたりショックを受けたりするかもしれませんよね。今回はそういった場面において有効な接し方についてお話をさせていただきます。


こんにちは、心理カウンセラーのサチです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

自分の子どもが、“アスペルガー症候群”と診断された。

これは、親御さんにとって、とてもショックなことかもしれません。

外科手術や、点滴・注射で完治するという性質の症状ではないですから、余計、心配になるでしょう。

しかし、これは一つのチャンスなのです。

もし、“アスペルガー症候群”と知らされなければ、良かれと思って接していても、本人にとって可能性を摘んでしまったかもしれません。

でも、“アスペルガー症候群”と知っていれば、それについてもっと理解しようとしますし。これからどうすることが、本人にとってより良いのか、前向きに考えることができますよね。

では、実際、どうしていけば良いのでしょう?

そこで、親御さん・ご家族ができること、していただきたいことを、このようなご提案の形としました。

これからの子育てに、きっと役立つと思います。ぜひ、ご参考ください。

《“普通”を押しつけない》

親(特に日本人)は、同学年のほかの子より、自分の子がどこか違うところがあると、心配になり、何とか、その部分を直そう、人並みにしようとつい厳しくしてしまいがち。

親御さんに「心配するな」とは言いませんが、“普通”であることを望みすぎると、本人は反発し、結果的に逆効果になってしまうのです。

“普通”でない“何か”は、今の段階では、人より奇異に見えたり、劣って見えたりするかもしれません。

しかし、その価値基準すら、本当は正しいかなんて分かりませんよね?

発明王エジソンや、アップル創業者スティーブ・ジョブズも、“アスペルガー症候群”であったと言われています。

可能性は、ほかの子より少ないのではなく、むしろ伸びしろが大きいくらいなんだと考えれば、少し捉え方が変わるのではないでしょうか。

《日課をパターン化・視覚化する》

“アスペルガー症候群”の子は、自分で段取りを組むのが苦手です。

宿題や提出物がやれずに出せなかったり、遅刻が多かったりするのは、そのためもあります。

これを、単に口酸っぱく注意しても、なかなか改善は見込めません。

逆に、パターンを決められ、それを実行することは得意なので、

『○時起床・○時朝食・○時登校・○時夕食・・・○時お風呂掃除・○時入浴・○時就寝』

というような生活のルールを決め、壁に貼るなりして視覚化するのです。(できれば、その子と一緒に。)

イレギュラーなことがあって、時間通りにいかないことがあると、本人は不安や動揺を感じてしまうかもしれません。

そのときは、周囲がその理由をちゃんと説明しましょう。

《家庭学習のサポート》

★できるレベルから始める

“アスペルガー症候群”の子は、能力的に劣っているワケではありません。

ただ、できる教科とそうでないものの差が激しいのです。

不得意な科目のハードルが高くて、潜在的な力はあるのに、勉強嫌いになってしまってはもったいないですよね。

不得意な科目は、初歩的なところからおさらいさせてあげましょう。

★ご褒美は小さなものを継続的に

「5教科で○○点以上取ったら、テレビゲームを買ってあげる」というのは、大きなご褒美です。

「お手伝いが○日間、すすんでできたら、好きな本を買ってあげる。」

というのは、小さなご褒美です。

“アスペルガー症候群”の子は、時間的に遠くて、大きな目標に向かっていくより、すぐ先のことで、小さな目標を次々にクリアーしていく方が、やる気が起こります。

ご褒美が、本人が好きなシールやガチャガチャ、ミニカーなど、集める楽しみがあるものの方が、楽しみが大きいですね。

★本人の興味・特性を活かす

“アスペルガー症候群”に限らず、発達障害全般の子を持つ親は、どうしてもその子の良いところではなく、いわゆる人並みでない部分に、つい目が行きがちです。

“アスペルガー症候群”の子は、どこしから突出して良いものを持っている可能性が高いので、本人が興味を持ちそうなのをどんどんやらせてみましょう。

(絵を描く、昆虫を集める、星空を見る、機械類を組み立てるなど)

親がやりなさいと言わなくても、好きなことが見つかれば、自然に没頭していきます。

ただ、テレビゲームやパソコン、スマホへの依存もしやすいので、注意を払ってください。

これら、家でできることのほかに、学校担任や担当の専門医などと連携をはかり、色んな角度からお子さんをサポートしていきましょう。

子供がアスペルガー症候群と分かった際の有効な接し方についてはいかがでしたでしょうか。心のケアや心を強くするための話をもっと聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ