60歳になってやっと感謝ができるようになった

今の自分は辛いと感じてしまうと、脳はどんどんネガティブなイメージを自分に与えてきます。そうなると視野は狭まってしまうし、大切な気持ちもどこかにいってしまいやすいものです。そんな時、他人に感謝ができる姿勢を作っていくと…


おはようございます。
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

毎度恒例のお便り紹介を今回もしていきたいと思います。

CD講座を聞いてくださって自分が今まで持っていた考え方や愛のベクトルの向きを変えようと努力してくださっている方からのお便りです。

P.Nトモさんからのお手紙です。

—————–

http://makeyousmile.info/mgimg/tomosan.jpg

はじめましてトモです、よろしくお願いします。

私は双極性障害2型(軽い躁うつ病)です。

先生のCDを毎日聴かせていただいています。

とても心地いい時間を持て、また少しずつですがありがとうの気持ちが芽生えてまいりました。(実は私は人になかなか感謝が出来ない人間であったのですが…)

そして一か月間心の学びをさせていただいて、いろんな気づきがありました。

自分の事ばかり考えるのをやめ、自分の周りの人に目を向けてみよう。

特に夫、子供、両親、夫の母、弟など一人一人頭に浮かべ、その人たちの気持ちを少しでも分かってあげられるようになろう。

孫たちをうんと可愛がってあげよう。

こんな気持ちが少しずつですが湧き上がってまいりました。

そして猫背気味だった姿勢がだんだん正され体調も少しずつ良くなり、好きなものが増え、忘れかけていた乙女心が蘇り(はずかしながら今年60歳になりますが…)

素直な心がほんとに少しずつですが戻ってきたように思います。

そして今朝2回目のCDが届きました。すぐ聞いています

なぜか涙が止まらない。(自分はめったに泣かない人だったのに…)

—————–

トモさん、素敵なお手紙をありがとうございました^^

愛のベクトルを向ける

感謝ができないという自分から周りの人に目を向けていこうと思えるように変化していけているというのが素晴らしいです。

自分にばかり向けていたベクトルを相手に向けてあげることによりコミュニケーションにも変化がでますし、何よりも相手に与えるということが出来るようになってくると思います。

そして忘れていた気持ちも思い出してきた、とのことですがそれもとっても素敵ですね。

年齢がいくつであろうとも、素敵な女性は輝いています。

是非今後も感謝という気持ちを持ち続けてくださいね^^

何度も話に出ている事ではありますが誰かに、何かに感謝するという気持ちは、自分にもいい影響がでてきますし、周りにもいい影響を与えます。

今まで自分がこうやって生きてこれたことは…

自分を産んで育ててくれた親がいて、学校では色々な先生に出会ったり友達に出会ったりと、いいことばかりではなかったかもしれないけど、得られたものも沢山あったと思います。

そういったことに感謝が出来るようになれた時

きっと視野ももっと広がって、また新しい発見や気づきができるようになってくると思います。

余談ではありますが、私も今でも壁みたいなものにぶつかる時があります。

そこで悩んで落ち込む時も実際にあります。

そして、どよーんと凄く気分が落ちる日もあります。

ちょっと気合入れてうおー!って頑張ってもプスンって燃え尽きちゃう時もあります。

そんな時は、そんな日もあるよねって自分を認めてあげて、また明日元気になれるように今日はちょっと充電って感じでやっていけると少し楽になりました。

名付けて寺元流充電術(笑)

それでは今回はここまでです。

感謝の気持ちを持って、今日も一日頑張っていきましょう^^

感謝ができることによって起こる効果の素敵さ、いかがでしょうか。もっと心に関する様々な学びを得たい方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ