心と体の繋がりを意識する?どういうこと?

ある日なんだか理由もよく分からず気分が下がってしまうことってあると思います。もやもやしていて、何をしたらいいかも分からない、そんな時が訪れたら、心と体の繋がりを意識してみましょう。


おはようございます。
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

この前、いつも元気なあるスタッフの気分が落ちていた時がありました。

詳しくは聞かなかったのですが、プライベートで何かショックなことがあったので少しモチベーションが落ちているとのことでした。

そしてモチベーションを平常に保つためには、どうしたら良いかとアドバイスを求められたので、

「そういう時は、心で何かをするのではなくて(心の感情は認めて)、
体を使って解決したほうが良いよ」

と言いました。

人間の体というのは、急激な恐怖やストレス、ショックなどを感じると、その時は、いつもしっかりしている人でも集中力や意思力が吹っ飛びます。

例えば、「子供が交通事故にあった」という知らせを聞いて、集中して仕事をするという方が難しいでしょう。

ここまでいかなくても、失恋や奥さんと大げんかしてしまったなんていうのもショックですよね。

凄く嫌な人と出くわしたなんていうのも1つのショックです。

こういう事って日々色々起こります。

そういう時は、感情的に

「仕事に集中しよう。仕事に集中しよう」

としても難しいので、

体を使って、強制的に脳のシグナルを遮断します。

例えば、深呼吸をするとか、休憩時間中はデスクの前にいるのではなくて、

散歩にでかけるとか、仕事帰りにジムに通っている人は運動をするとかそうすることでこの脳の緊急シグナルが段々落ち着いてくるのです。

CD講座の1枚目には心と体は繋がっているという話がされていますが、心で解決出来ない時は、体で解決しようするのはもちろん完璧ではありませんが、1つの方法論としてとても役に立ちます。

ぜひお試しくださいませ^^

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは、今日も張り切って行きましょう♪

心と体の繋がり、心の回復方法のお話はいかがでしたか。もっと心に関する学びを知りたい方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ