誘惑に負けない…って決めたけど、負けてしまう。どうしたらいいのでしょう

ダイエットするって決めたのに誘惑に勝てない…わかります。この誘惑、実はあなたの「ある一部」が勝手に言っているだけかも…?誘惑に負けないようにするためには、あることを知っておくことが必要なのかも?


おはようございます。
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

ダイエットをしている時、チョコレートが食べたくなったり、仕事をしている時、ちょっと違うことやりたいなぁって思ったりすることってありませんか?

私は凄くあります(笑)

それで、今回はどうすればそういう誘惑に負けずに、自分の目標の道を進めるのかお話しようと思います。

橘がよく言っていることで、

「人は快楽を求めて、痛みを避ける」

ということがあります。

まあ、要は、

「楽したーい、楽しみたーい、辛いのはいやー」

ということです(笑)

ですが、この状態というのはダイエットや仕事にとってはちょっと危険です。

だって「楽したい、楽しみたい」と思ってチョコレートやハンバーガーばっかり食べてたら、その分ブヨブヨになっちゃうのは、借金して返さないと借金取りが来るのと同じぐらい自然法則的なわけです(笑)

でもこの時、

「あ~ダイエット中なのにチョコレートを食べたいなんて思う私はダメな人」

と自分にNGを出すのはご法度。

そうすると余計モチベーションが下がります。

じゃあ、どうすればよいか。

「脳が勝手に言ってるなぁ~」

って思えば良いわけです。

「そうか君はチョコレートが食べたいわけか、なるほどね」

「そうか君は他のことをやりたいんだぁ、分かるよ」

なんて、気持ちを抑えずに認めてあげる。

でもこれは、私の脳の話で、私とは関係ない(笑)

ということで、脳が勝手に言ってるだけで、
ジョギングや次の仕事の続きをやればよいわけです。

体が出しているインチキシグナルもそうです。
睡眠もしっかりとってるのに、
なんとなく仕事をサボりたくなると体がだるくなる(笑)

「その手で来たか~でも脳が勝手にやってるの私は知っているよ」

と思って、仕事を続ける。

そうすると、いつのまにか体のだるさが消えるなんてこと良くあります。

要は

「脳は快楽を求めて、痛みを避ける」

これはしょうがないこと。

だけど、行動は変えられる。

これをもっと広げて考えれば、ありがとうと思っていなくても嫌いな上司や旦那さんに「ありがとう」と毎日言ってごらん。

それだけで人生は変わるから。

思ってから言おうと思っても、そんなタイミング10年に1回ぐらいしか来ないから(笑)

地球というのは行動の星。

あなたの今日の行動があなたの人生を変えます。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っています。

それでは今日も張り切って行きましょう♪

誘惑に負けない、でも負けちゃう。脳が勝手に言ってたんですね。もっと自分の心を成長させたい、色々知りたいという方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ