震災の悪夢が忘れられない。PTSDへの対処法を知りたい

東日本大震災、あの日起きた出来事が今でも強烈に残っていてPTSDを訴える方も少なくはありません。そしてその対処法を知りたいという方も多いんですね。そこで今回はどんな対処法があるかお話させていただきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、PTSDの対処法について、考えてみたいと思います。

日本もここ数十年のうちに、数度の大震災を経たため、PTSDを訴える方も少なくはありません。

またPTSDの原因は震災だけではありませんね。その対処法を知りたいと思っていらっしゃる方は多いです。

これらを解決するためには、やはり何といっても心理療法などを行って、PTSDの解消を目指していただきたいところですが、そのほかのホームケアとしては、以下のようなものが挙げられます。

適度な睡眠と食事、規則的な生活習慣を身につけること。

これは簡単なようですが、心に何らかの問題を抱えていると、見失ってしまうケースが非常に多くなります。

ところがこうしたことを、見失ったままにしておくと、心身のペースが乱れ、回復への道のりを遠くしてしまいますので、真っ先に見直していただきたいポイントです。

次いで、カフェインやニコチン、アルコールといったものを避けた生活を心がけます。

これらは心身に無用な刺激を与えるものであり、PTSDの治療中には不要なものばかりです。

薬局で手に入る薬なども、摂らないように心がけてください。

最後に、自分の安全を確保するということ。

あなたの生活圏の中に、今もなお、暴力をふるったり、暴言を吐いたりする人がいるのであれば、そこから距離を取るか、ご家族が距離を取れるよう配慮しなくてはなりません。

不必要な不安の要素は、できるだけ排除すべきなのです。

なお、PTSDによって、本当に夜な夜な、悪夢を見てしまう……という場合もあると思います。

夢のコントロールということは、できませんが、悪夢を見るために眠るのが怖くなり、睡眠障害になり……

ということは最初に挙げた「適度な睡眠」を阻害し、PTSDを悪化させてしまうこともありますので、注意したいところです。

悪夢を完全に見せなくする薬というものはありませんが、夢がレム睡眠中に現れるということを利用して、レム睡眠の時間が短くなるよう工夫する薬もあります。副作用もありますので、専門機関への相談をおすすめします。

PTSDの対処法については分かりましたでしょうか。そんな考え方があったか!といったような気付きをくれるメルマガの登録はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ