夫婦不仲の原因って何?

お互い好きで結婚したのに、いつのまにやら夫婦不仲。この原因ってなんでしょうね。実は日々の生活の中で段々と悪循環が色々な場所で起きてしまい、不満が募っているのだとしたら…その原因を見ていきましょう。


こんにちは、夫婦カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

夫婦が離婚してしまう原因って、どんなことか知っていますか?
断トツで多いのが「お互いの思いやりのなさ」なんだそうです。
結婚生活に限らずとも、学校生活や職場での生活など、
誰かと時間をともにするという場合には何事も思いやりが必要となりますよね。

どう接していけばいいか

たとえば、旦那さんが毎日仕事が辛そうだというときには、
子どもたちを早く寝かせて一緒に晩酌をして話を聞いてあげるだとか、
気持ちよく寝られるように毎日布団を干すだとか、そういった小さなことひとつひとつがすべて思いやりですよね。
しかし、マンネリになったり不満が溜まることでお互いに思いやりがなくなってしまい、
さらに不満が溜まってしまうという悪循環に変わってしまいます…。

そして、もうひとつ挙げられるのが「会話のなさ」です。
夫婦生活を何年も続けていると、旦那さんが帰宅してもなかなか会話がない!という方がどうしても増えるものです。
また、お子さんがいらっしゃる場合には話題がすべてお子さんのことで、
自分たちのことは一切話さないという場合もよくあるものです。

口数が少なくなると家の中でもぎくしゃくしてしまいますし、
そうなると旦那さんは仕事が終わってもなかなか家に帰りたくなくなってしまいます。
夫婦喧嘩をしているときって、
常に怒りや悲しみや落ち込んだりと負の感情にとらわれてしまいますが、まさにこんな状態になりかねませんよね。

どんな小さなことでも良いので、
「今日はこんなことがあったよ!」「スーパーに行ったらこんなおいしそうなものがあったよ」など、会話の量を増やしてみましょう。
ささいなことであっても会話のキャッチボールをすることで、
なんとなく会話をしていても立派なコミュニケーションになりますし、
いざ話したいことができたときにもすらっと話しやすくなりますね。

家の中で会話量が増えれば必然的に雰囲気も明るくなりますし、旦那さんも家に帰りやすくなります!
時には喧嘩をすることもあるでしょうが、普段会話を交わしているぶん大きな喧嘩というよりも落ち着いて話し合いをしやすくもなりますので、
突発的な喧嘩でそのまま離婚してしまう…という可能性もぐっと低くなりますね。

夫婦不仲の原因についての話はいかがでしたか。もっと素敵な夫婦関係を築いていきたい方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ