子供の前で夫婦喧嘩をしたくないのにしてしまう。どうしたら良い?

子供の前で夫婦喧嘩は極力しないようにしている、というご家庭も多いかと思います。特に小さな子であれば尚更ですよね。ですがまだ夫婦となって日が浅かったり二人とも若かったりすれば、ヒートアップしてしまうことも。そんなときに大切なことがあります。


こんにちは、夫婦カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

お子さんが小さいご家庭だと、まだお父さんもお母さんも若いという方が多いですよね。
だから夫婦としての時間もまだ浅いために、ついつい夫婦喧嘩をしてしまう…ということもよくある話です。

が、子どもの前で喧嘩を繰り広げてしまうというのはあまり良いものではありません…。

子供はショックを受けやすい

特に、その原因がお子さんである場合。
まだ小さいからと思っていても、子どもは意外と喧嘩の内容や雰囲気を察知してしまうものです。
お子さんが「自分のせいで…」とショックを受けてしまう前に、
お子さんの前で夫婦喧嘩をするというのはできるだけ避ける方が望ましいですね。

また、あるデータによるとお子さんの前で夫婦喧嘩をすると、
子どもが必要以上に気を遣うようになってしまったり、
心の奥底に不安を抱え込んでしまって思春期の発達に影響を与えかねないということも。

では、できるだけ子どもの前で夫婦喧嘩をしないためにはどうしたら良いのでしょうか?

話し合いが大事

まず、夫婦喧嘩になる前に「ルール」を決めておくことをおススメします!
たとえば子どもがいるときには部屋を移動する、とか、大きな声を絶対に出さないとか。
万が一喧嘩が長引いてしまった場合でも、最低限「おはよう」などのあいさつをするということをあらかじめ決めておくと良いですね。

理想的なのは、夫婦「喧嘩」ではなく「話し合い」ということ。
話し合いというのは具体的に言うと、互いに冷静になって喧嘩になってしまった要因について、ふたりで解決策を導き出していくものですね。
喧嘩であればお互いに罵り合ったり、ヒートアップしているために解決策を導き出すのにもあれこれ遠回りしてしまう可能性が高くなってしまいます。

怒りで周りが見えなくなってしまうのは当然ですが、やはりそばにいるお子さんのことを第一に考えてあげたいものですね。
そして、夫婦喧嘩が解決したあとにはお子さんにフォローをお忘れなく。
ここでは正直に「パパと喧嘩しちゃった!」と言うのも良いですし、あまり神妙に言うよりもあっけらかんと言うのが◎。
「パパのこと大好きなんだよ」「びっくりさせちゃってごめんね」など、
お子さんが安心するように話しかけてフォローしてあげると良いですね。

子供の前で夫婦喧嘩をした場合、子供に与える影響については分かりましたでしょうか。もっと様々な夫婦の問題や解決策を知りたい方はコチラ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ