営業職で飲み会の多い旦那にヤキモチを焼いてしまいます。どうしたら良いですか?

旦那さんが、仕事で飲み会だと言われ、それが何度もあったり続いたりしてしまうと奥様としては寂しいですよね。ヤキモチ焼いちゃうかもしれません。ですが特に営業職では飲み会は外せないところがあります。こんなモヤモヤしたときはこう考えてみましょう。


こんにちは、夫婦カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

旦那さんが仕事の付き合いだから~と言って、よく飲み会に行ってしまうと嘆かれる奥さまが多いですよね。
イライラしちゃったりヤキモチを焼いちゃったり、すごくモヤモヤしてしまうのはわかります!
…でも、もう少しポジティブに考えてみませんか?

確かに、仕事をしていれば上司や同僚、取引先との飲み会など多くの付き合いをしていかなければなりませんよね。
帰りが遅くなってしまったり、お子さんがいらっしゃる家庭であればなかなか子どもの相手をする時間がなくなってしまったりと、
奥さまにとっては飲み会の機会が増えれば増えるほどあまり良い気分ではないかもしれません。

仕事における飲み会は必要なこと

しかし、旦那さんが仕事をきちんとしているからこそ飲み会に誘われたり、行くことができるものなんです。

特に新婚ご夫婦の場合には、飲み会続きだとヤキモチを焼いてしまうということもあるでしょう。
しかし、やはり仕事であればなかなか断れませんし(自分から発案しているなどは別ですが…)、
特に営業職の方であれば会社の飲み会はつきものです。
「寂しいな~」とは思いつつも、ここはぜひ、奥さまの器の広さをもって送り出してあげたいものですね。

それでも、気持ちの面ではなかなかヤキモチを焼いてしまって割り切れないという場合。
旦那さんが一度飲み会に行くたびに自分もランチに一回行くなど、
ちょっとした対価方法をナイショで見つけてみてください。
そして、旦那さんを笑顔で送り出してあげましょう。
もちろんあまり遅い帰りが続くようなら体を気遣うなど、家に帰ってきたときには優しく対応してあげると好印象!

旦那さんも「悪いね」なんて思ってくれたら早く帰ってきてくれるかもしれませんし、喧嘩にもならず万々歳ですよね。

飲み会が多くてヤキモチを焼いてしまうというのは、確かに喧嘩の元になりかねません。
しかし、それだけ旦那さんと一緒にいたいという奥さまの気持ちの表れですから、
どうしてもヤキモチを焼いてしまう…と悩むときには、素直にその気持ちを伝えましょう。
「仕事なんだから仕方ない」という返事が返ってくることも予想されますが、
自分の気持ちを伝えることで多少なりともスッキリするのではないでしょうか?

旦那さんにヤキモチを焼いてしまう時の考え方はいかがでしたか。もっと夫婦の様々な問題について学びたい、知りたいという方はコチラから。

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ